女性のカラダ

ドライアイ、疲れ目に

増田美加先生

目が疲れて涙が出る…。これは目が乾いている証拠です。当然、目が疲れているわけですね。
女性に起こる、目の乾きや目の疲れは、女性ホルモンの低下による場合も多いのです。女性ホルモンの低下は、目にも影響します。


長時間のパソコン作業や会社でのストレス、エアコンの影響など、男性と同じ理由もありますが、女性の場合は体調を保ち、瞳のうるおいを保つ、究極の抗酸化成分ともいえる“エストロゲン”の減少が、原因のこともあると言われています。


疲れやストレスで、卵巣の働きが低下して、女性ホルモンのバランスが崩れると、ドライアイや疲れ目が起こります。また、更年期になって、女性ホルモンの分泌が低下することでも、同じような症状に悩みます。私も年々、目の低下を感じています。


目の症状には、温冷湿布を試してみてください。
熱めの蒸しタオルを固めに絞って、目にあてます。少し圧迫しながら、目を温めてみてください。次に、冷やしたタオルを目にあてます。
熱いタオルと冷たいタオルを交互にあてると、血行促進になり、視界が明るくなり、目がよく見えるようになります。
タオルに、ラベンダーのアロマオイル(精油)を1滴、落とすと、リラックス効果も高まります。


目の症状が出ているときは、体が冷えているので、半身浴もおすすめ。目を閉じてゆっくり入浴します。そのときに、肩や首に熱いタオルで温湿布を当てると、疲れがとれます。


植物の色素成分は、目に役立つものがたくさん! ブルーベリーに含まれるアントシアニンは目の働きを高めます。ブルーベリーの果実、ジュース、お茶などをとりましょう。


赤いクコの実もおすすめ。血をきれいにして、目の疲れをとります。そのまま食べてもいいし、シリアルやヨーグルトに入れても。そのほか、おかゆやスープに入れる、酢のものに入れるなど、いろいろな料理に使ってみてください。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ