女性のカラダ

椅子さえあればどこでも燃えるカラダに!エクササイズ

代謝アップ

ビューティーヨガニストの森和世です。

寒い時期もあと少し!と言い聞かせているものの、実際に寒さによるストレスや力が入ってしまい、知らないうちに心はイライラ、カラダはガチガチになっています。そこで今回は、座ったままトライできる代謝を上げるエクササイズをご紹介します。


ぶっちゃけ代謝を上げるには運動しかない!?

ランニング

ご存知の方も多いとは思いますが、基礎代謝が高いと冷えにくく、太りにくいと言われています。これには、私たちの体内で行われるエネルギー消費(代謝)が関係しています。


①基礎代謝

生きていくうえで最低限必要なエネルギー消費のことで、体温を保ち、内臓を動かすなど何もしないで横になっているだけでも使われるエネルギー


②生活活動代謝

日常の動作や運動など、体を動かすときに必要なエネルギー消費


③食事誘導性熱代謝

食事をすると体があたたかくなるといったように、食べ物をたべることによって使われるエネルギー


これらの3つの代謝の合計量が消費エネルギーです。

なかでも基礎代謝量は、1日の総消費エネルギーの60-70%も占めています。しかも、基礎代謝のうち最も多くのエネルギーが筋肉で消費されます。座って仕事をしている場合でも、体内で燃やされている全エネルギーのうちの9割は筋肉で消費されています。

しかし、20歳を過ぎた頃から筋肉量は徐々に減り、基礎代謝は低下します。

つまり、巡りのよい冷えないカラダを維持するには、効率的に筋力をつけ、維持させる運動を定期的に行うコトが必要なのです。とはいえ、ジムに通う時間がないという人は、エレベーターを階段に変える。自宅で簡単な筋トレやストレッチをする方法はたくさんあります。無理のない範囲で運動する習慣をつけてみては如何でしょうか。


椅子に座っていても、カラダが燃えるレッグバランスエクササイズ

1.椅子の端に手を付き、膝が直角になる位置までお尻を椅子から離しましょう。お尻が膝よりも下がらないように、腕を伸ばしお腹に力を入れましょう。

燃えるカラダ作り


2. そのままゆっくり片足を前に押し出し10呼吸ほどキープしましょう。キープ中もお尻が下がらないように注意しましょう。

燃えるカラダ


3.動作に慣れた人は、軸足を伸ばした状態でトライしてみて下さい。反対の脚でも同様に動作しましょう。

燃えるカラダ



▼著者:森和世さんの人気コラム▼

誰でも理想のふくらはぎになる!?ストレッチエクササイズ♡
冷えは美容の大敵!デコルテをスッキリ&小顔効果も抜群のヨガポーズ
出会いは第一印象から!スタイル美人になるストレッチ♡
気持ちいいから試してみて!朝からシャキシャキ動けるストレッチ
足のむくみを解消!ストレッチエクササイズ
バストアップエクササイズで今年は上向きに!
  • 森 和世(ビューティーヨガニスト)

    ダイエット=減量という考え方ではなく、理想のボディをデザインする「エクササイズ」いう考え方に基づき、美しく痩せるエクササイズを多数考案。現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ