女性のカラダ

これって閉経前のサイン?不規則な生理周期と出血量について

閉経のサイン?

更年期かな?のお悩みに答えます

女子カレで生理に関するアンケート調査を行い、700件近いお悩みが寄せられました。そのなかで、更年期に関する不安や疑問がたくさんありました。

更年期のさまざまなお悩みに答えていく最終回です。


不正出血なのか生理なのか…わからない

「もうすぐ閉経かな? と意識しています。2か月前までは定期的に生理が来ていましたが、先月はいつもより1週間も長引きました。初めてのことなので不正出血なのか、生理なのかわかりません。今月の予定がわからないので不便です」

(46~50歳・既婚)


40代後半になると、少しずつ生理の感じが今までと変わってきますね。順調に来たり、間隔が短くなったり、長くなったり、逆に1か月間が空いたり…。出血量もその月によって変わりますね。生理は来ていても、排卵はしていないかもしれません。

生理がばらついてきて少しずつ閉経に向かいますが、そこで注意したいのが、おっしゃるとおり、不正出血です。生理のばらつきなのか、何か背後に隠れた病気のある不正出血なのか、がわかりにくいのが更年期です。

脅かすようですが、不正出血は子宮体がんの初期症状でもあります。子宮頸がんと違って子宮体がんは、更年期から増えてくるがんです。更年期は女性ホルモンのバランスが崩れて、子宮内膜が厚くなってしまっていることも考えられます。子宮内膜が厚くなったままにしておくと、体がんのリスクが高まる原因にもなります。

閉経前後は、注意して一度は婦人科を受診すると安心できます。子宮や卵巣の様子を見たり、女性ホルモン値を採血で測ることもできます。

確かに生理がばらついてくると、月の予定が立てにくいのは不便ですね。自分の体を知るためにも、子宮体がんでないことを確認するためにも、そしてこれからのヘルスケアのためにも、不正出血かな? と思ったら、ぜひ受診してください。


50代で生理があるのは異常なの?

「現在50歳ですが、生理がまだ普通にあります。同年代の方は、ほとんどが不定期になっているか、閉経している方がほとんどです。人それぞれなのは、わかりますが、50代で生理が普通にあるのは、異常でしょうか?」

(46~50歳・既婚)


いいえ、まったく異常ではありません。50歳で順調に生理が来るのは、喜ぶべきこと! 女性ホルモンのバランスが整っている証拠ですから、体にとってもいいことです。

55歳でも生理が順調にある女性もいらっしゃるくらいです。

更年期の不調はありませんか? 婦人科の検診は受けていますか? 生理周期だけでなく、体や心の不調にも敏感になることも大事です。

更年期には、ほてり、発汗、冷え、めまい、頭痛、関節痛…などの体の不調、不眠、イライラ、落ち込み…などの心の不調、乾燥、かぶれ、湿疹…などの皮膚や粘膜の不調、などがさまざま起こります。

更年期だからと我慢せずに、その都度、ケアしていきましょう。婦人科を利用するのも賢い方法です。ホルモン補充療法や漢方薬も多いに役立ちます。食事の栄養やサプリメント、運動でもケアできます。入浴、マッサージや鍼灸もいいですね。

小さな不調ケアをこまめにしていくことが、更年期以降、30年以上の女性の人生をごきげんに過ごすコツでもあります。

そして、不調がないときこそ、検診を受けてください。子宮頸がん検診、乳がん検診は女性にぜひ受けてほしい検診です。これらのがんは、早期には自覚症状がありません。不調がなくても検診を受けておくことで早期発見が叶います。

いつまでも美しく元気に生きるために、更年期を大事に丁寧に過ごしてください!

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ