女性のカラダ

私は更年期?チェックリストで自分の状態を確認しましょう!

更年期

更年期かな? のお悩みに答えます

女子カレで生理に関するアンケート調査を行い、700件近いお悩みが寄せられたなかで、更年期に関する不安や疑問がたくさんありました。

今月は、更年期のさまざまなお悩みに答えていきたいと思います。


更年期チェックをしてみましょう

更年期チェック

まず、その前に、更年期の症状のチェックをしてみませんか?

□ 顔がほてることがある

□ 汗をかきやすい

□ 腰や手足が冷えやすい

□ 息切れ、動悸がする

□ 寝つきが悪い、または眠りが浅い

□ 怒りやすく、すぐにイライラする

□ クヨクヨしたり、憂鬱になることがある

□ 頭痛、めまい、吐き気がよくある

□ 疲れやすい

□ 肩こり、腰痛、手足の痛みがある


これらの項目に複数チェックがついたら、更年期障害が起こっている可能があります。そして、「症状の程度が強い」と感じるものが2つ以上あったら、なんらかのケアをする必要があります。さらに、「症状の程度が強い」と感じるものが3つ以上なら、婦人科を受診して更年期障害の治療をすることをおすすめします。


更年期とは、閉経を挟んで前後5年間の時期のこと。日本女性の閉経年齢の平均は、50.5歳ですから、45歳~55歳は更年期世代といえます。

更年期は誰もが通る道ですが、更年期の不調は、まったく感じない人もいれば、非常につらく感じる人もいます。不調の種類も人それぞれです。


生理不順で出血量も少ない、30代なのにこれって更年期?

「今年になって、生理不順が始まり、出血量が少なくなってきました。もう更年期が始まったのかと心配になっています。排卵の時期に、体調を崩しやすいのも気になっています」

(36~40歳・既婚)


婦人科でホルモン値を測ってみなくてはわかりませんが、30代ですから、まだ更年期ということはないと思います。

忙しくて疲れがたまっていたり、ストレスが強かったりすると、女性ホルモンのバランスが崩れます。そうすると、生理不順になったり、出血量が減ることもあります。排卵の時期に体調を崩しやすいのも、女性ホルモンのバランスの乱れかもしれません。

女性ホルモンのバランスを崩したままにしておくと、更年期と同じような不調がさまざま起こります。

「更年期だから…」と放っておかず、婦人科を受診して卵巣や子宮に異常はないか、検査しておきましょう。


閉経すると女性ではなくなってしまいそうで不安…

「更年期の影響なのでしょうか? 今まで順調だった生理が突然予定日を過ぎてもくる気配がありません。がん検診をかねて婦人科の診察を受けました。診察の結果は、疲れやストレスから遅れていただけ、とのことで、2週間遅れて生理がきました。このまま、だんだん生理が不順になって、閉経に向かっていくのですね。生理がなくなると楽にはなるけれど、女性ではなくなってしまいそうで不安になります」

(46~50歳・既婚)


更年期に入って閉経する前は、生理の間隔が短くなってひと月に2回生理がきたり、2~3か月あいだが空いたり、と生理のサイクルが乱れてきます。生理不順の時期がしばらく続いた後、生理がこなくなり、1年間生理がこないと閉経ということになります。

更年期に入ってから女性ホルモンの値は、坂道を転げ落ちるように下がってきて、閉経すると、女性ホルモンは、ほぼゼロになります。

閉経前の時期は、たとえ生理があっても卵巣機能はほとんど働かず、排卵していないことが多いのです。女性ホルモンがほぼゼロになり、排卵しないと、妊娠、出産の機能が失われたことになるので、生物的にはメスではなくなりますね。

でも、私たちは人間です。妊娠、出産するためだけに産まれてきて、生きているわけではありません。生殖機能が失われても、女性であることには変わりありません。

日本女性の平均寿命は世界一で約87歳。閉経の平均年齢が50.5歳ですから、閉経後約37年間も生きることになります。知識と知恵があれば、更年期は楽しく乗り越えられますから大丈夫。それが閉経後の人生を豊かに生きることにもつながります!



▼著者の人気コラム▼

プレ更年期チェック!こんな症状は更年期の始まり
男性にもトライしてほしい妊活とは?
人に聞けない…経血の量“多い・少ない”の目安は?
バリバリ働く多忙な女子が将来子供を持つために気をつけたいこと
ちゃんと理解して選択しよう!子宮頸がんワクチンについて
高齢妊活の諦めどきって?
  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ