女性のカラダ

寒い時期だからこそ!やっとこ!腰痛改善ストレッチ

腰痛改善ストレッチ

ビューティーヨガニストの森和世です。

寒い時期になると、肩コリや腰痛に悩まされる人も多いかもしれません。その原因は、冷えや筋力不足があげられます。まず体を冷やさないように、お風呂にゆっくり浸かったり、温かい飲み物や食事を摂るなど内側から体温アップ生活を心がけましょう。次に、筋肉は基礎代謝を上げる上で欠かせないので、ストレッチやダンベルなど軽い筋トレなど筋肉を育てることも大切です。


ダル重の腰を軽くする方法

腰を軽くする方法

女性の多くが悩まされる肩コリですが、そもそも華奢な肩に重い頭が乗っているのでコリを感じるのは当たり前とも言えます。しかし、長時間のデスクワークによる猫背姿勢や目の酷使によるものが大半なので、比較的解消方法も見つけやすいかも。

一方、腰痛の原因は、そもそも2本足歩行自体無理があるとも言われていますが、ハムストリングス(太もも裏)や臀部のコリが関係している場合があります。下半身の筋肉量は全体の70%。この大きな筋肉が運動不足や座ったままの姿勢が長くなると、硬く冷える訳ですから、全身の冷えやコリへとつながります。つまり、腰痛は意外と下半身のコリによるものが多いのです。ですから、腰をターゲットにしたストレッチはもちろん、腰を支えている下半身のストレッチも腰痛改善には必要な場合が多々あります。


これは気持ちいい〜お尻をほぐして腰痛改善!ストレッチ

下半身の中でも臀部は特に丁寧にストレッチして欲しい部位です。なぜならお尻は柔らかいイメージがありますが、実はコリやすく、特に中殿筋周辺は触ると驚くほど痛く、ゴリゴリに凝って事が多いのです。筋肉が固いと、関節が固くなり、可動域も狭くなり、動作が小さくなります。つまり、下半身の筋肉があまり使われず、下半身は冷え、セルライトや腰痛の原因になってしまうのです。そこで、今回は椅子に座って気軽にお尻と腰をほぐすストレッチをご紹介します。


1.椅子に浅く腰かけ、左くるぶしを右膝に乗せます。なるべく両膝が横一列になるようにしましょう。

腰痛改善ストレッチ


2.右手は左膝に置き、左脚の付け根が椅子から離れないように左手で抑え、ゆっくりと息を吐きながら上体を右方向へねじります。そのまま約1分ポーズをキープしたら、反対側も同様に動作しましょう。

腰痛改善ストレッチ



▼著者の人気コラム▼

バスタイムが楽しくなる!?足指ストレッチで冷えない身体作り♡
冷えは美容の大敵!デコルテをスッキリ&小顔効果も抜群のヨガポーズ
気持ちいいから試してみて!朝からシャキシャキ動けるストレッチ
食欲が暴走してませんか?食欲を抑制できる簡単ヨガポーズ
バストアップエクササイズで今年は上向きに!

  • 森 和世(ビューティーヨガニスト)

    ダイエット=減量という考え方ではなく、理想のボディをデザインする「エクササイズ」いう考え方に基づき、美しく痩せるエクササイズを多数考案。現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ