女性のカラダ

《楽しい妊活》燃焼不足の体は食べなくても太ります!

楽しい妊活

燃えない体だと食べなくても太ります

「そんなにたくさん食べていないのに、なんで太るのだろう…」と悩んでいる女子は、意外と多いんです。

なぜやせないか? なぜ太るのか? と言えば、それは「燃える体」になっていないからなのです。

ちょっとしか食べなくても、エネルギーを消費しなくては、余分な栄養として残ります。逆に、たくさん食べても、燃えしてしまえば不要なエネルギーは残りません。

では、燃える体にするにはどうしたらいいか…ですね?

エネルギーを燃やす作用のある栄養素を摂ることです。燃えやすいバランスのとれた組み合わせの食事を食べればいいんです。

何を食べればいいかを紹介する前に、あなたが燃えにくい体かどうかをチェックしてみてください。


燃えない女子のチェックリスト

チェックリスト

□ 朝は食べない。あるいは簡単に済ませることが多い

□ 基礎正しい食事より仕事優先になってしまうことが多い

□ 3食のうち1食を抜いてしまうことが多い

□ 低カロリーを重視している

□ 昼の12時を過ぎてもお腹がすかないことが多い

□ 忙しいと食事をお菓子やおにぎり、菓子パンで済ませてしまう

□ 苦手な食べ物が5つ以上ある

□ 朝食、昼食より、夕食のボリュームがいちばん多い

□ 家族の皿を個々に分けず、一皿に盛り付けることが多い

□ 夜9時以降に夕食のことが多い

□ 小腹がすいて夜遅くても食べてしまうことがある

□ 食事量を減らして間食をすることがある

□ 食事を1食抜いても苦にならない

□ ストレスでドカ食い、あるいはヤケ酒をしてしまうことがある

□ 平熱が低め、あるいは冷え症だ

□ 睡眠時間は5時間以内のことが多い

□ ウエスト周りが気になっている

□ 手軽なダイエットはすぐにトライする

□ 緑黄色野菜があまり好きではない


いかがでしたか?4つ以上チェックがついたら、あなたは燃焼不足の「雪だるまちゃん」です。気づかないうちに生活習慣で、燃えにくい体になっている可能性大です。


ビタミンB群を摂りましょう

燃える体にするには、ビタミンB群を意識して摂ることが重要です。ビタミンB群は、B1、B2、ナイアシン、B6、B12、パントテン酸です。

ビタミンB群は、糖質、脂質、タンパク質をエネルギーとして燃やしてくれます。着火剤の役割です。ビタミンB群がないと、これらのエネルギーは燃えずに、体に蓄積してしまいます。


ビタミンB群をバランスよくとるには、主食の炭水化物(糖質)を白くない(精製していない)ものを食べるようにするといいです。雑穀、玄米、全粒粉などです。

ほかに、ビタミンB群でおすすめのものは、アスパラガス、かぶの葉、ほうれん草、小松菜、水菜などの緑黄色野菜とキノコ類。大豆や枝豆などにも含まれていますので、納豆や豆腐、豆乳もおすすめ。また、レバーや豚肉にも多く含まれています。

これらを積極的に食べることで燃える体をつくりましょう。


食べる時間は朝と昼に

食べる時間

体を燃やすには、これから活動する朝と昼にバランスよく食べることが最も重要。朝食を食べないと貴重な1回がなくなってしまいます。朝にもしっかりエネルギーとなる糖質、脂質、タンパク質と、着火剤となるビタミンB群を食べましょう。逆に夜は、できるだけ消化がよくて軽いものにします。

大事なエネルギー補給は、活動時間の前に摂る習慣をつけましょう。体は変わりますよ。



▼著者:増田美加の人気コラム▼

えっ!これも女性に多い病気なの? ① 「貧血」
自分でもなんとかしたい!生理痛のセルフケアのポイントは4つです
基礎体温でわかる!美肌リズム
【妊活】日本初!将来の妊娠・出産のためのケアセンターが出来ました!!
「出血が多い」「かぶれてかゆくて痛い」など生理に関するアンケートにお答えします!
男性にもトライしてほしい妊活とは?

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ