夏から秋に起こる体調の変化(からだ編)★夏冷えチェックリスト付き

  • 更新日:2016/05/19
増田美加先生

夏冷えで自律神経を乱れると…

夏の終わりから女性に多い不調は、疲れる、だるい、肩こりなど。これは、「夏冷え」からくることが多い不調です。

今年の夏は、ゲリラ豪雨が多いうえ、気温が高いため、豪雨と酷暑でジトジト。高温多湿で過ごしにくい気候です。


不安定で異常な気象だと、強い冷房や冷たい飲食物を食べることが自然と増えてしまうので、「夏冷え」で、疲れやだるさ、肩こりを感じやすくなるのです。

「夏冷え」で自律神経が乱れると、不調を引き起し、さらに「秋バテ」の引き金にも!

今から全身の血流をアップして、自律神経のバランスを正常に整えることが大切です。


夏冷えチェック

では、「夏冷え」していないかどうかをチェックしてみましょう!


□ 夏は氷の入った飲み物をよく飲む。

□ 常温でなく、冷蔵庫で冷やした水を飲む。

□ アイスクリームやスイカをよく食べる。

□ 夏は、温かいうどん、そばより、冷たいうどん、そばを選ぶ。

□ 温かいものが入っていない食事を摂ることが毎日ある。

□ アルコールを毎日飲む。

□ 甘くて冷たいデザートが好き。

□ チョコレートをよく食べる。

□ 暑くて食欲がないと1食抜いてしまう。

□ 夏はシャワーだけのことが多い。

□ 冷房を切って過ごすことがほとんどない。

□ 暑がりだ。

□ 夏はサンダルに素足が多い。

□ ワンピースを着ることが多い。

□ 家で、素足で過ごす。

□ 運動をほとんどしていない。

□ 日中、冷房の効いたオフィス(部屋)にいることがほとんど。

□ ふくらはぎを触ると冷たい。

□ 肩がこる。

□ 腰痛がある。

□ 頭痛がすることがある。

□ 便秘や下痢をする。

□ めまい、耳鳴りがある。

□ 生理痛がひどくなった。

□ PMSがつらい。

□ 吹き出物が出る。

□ お腹が張る。

□ 汗をかきにくい。

□ 目にクマができた。

□ 口内炎ができる。

□ 目が疲れる。

□ 寝不足だ。


秋バテにならないように

いかがでしたか? 3つ以上チェックがついた人は要注意です。「夏冷え」が進んでいる可能性があります。


ちょっとした不調が、夏の疲れとともに、秋につらい不調になることがあります。ちょっとした不調のうちに、対策をとることが大事。

放っておくと、新陳代謝が低下したり、免疫力が低下したりして、病気を起こしやすくなることだってあるのです。


暑い夏を上手に乗り越えるためにも、「夏冷え」しないように気をつけてください。次回は、「秋バテ」しない「夏冷え」対策法を紹介します。

  • 増田 美加 (女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag