女性のカラダ

ひどい生理痛で仕事もできない

 

 

「生理痛がひどくて寝込んでしまう」など、日常生活が困難で仕事や家事もできないほどの痛みなら月経困難症かも。

 

月経困難症の痛みの原因は大きく分けて2つ。

 

 

病気ではなく、プロスタグランジンの過剰分泌によるもの(機能性)と、病気によって起こるもの(器質性)があります。

 

機能性月経困難症の原因となるプロスタグランジンは、全身の血管や胃、腸、膀胱、子宮などの平滑筋を収縮させて頭痛、嘔吐などを引き起こすほか、子宮の過剰収縮による疼痛を引き起こしたり、腰痛、貧血、倦怠感などの原因になったりします。

 

治療は医師と相談の上、プロスタグランジンの過剰分泌を抑えて、痛みを緩和する効果のある「プロスタグランジン合成阻害薬」という薬を用いるのが一般的。

 

 

その他、高血圧症や喫煙習慣がなければ経口避妊薬のピルを用いる方法も。

 

また、器質性月経困難症の場合は、これらの症状に隠れている病気の特定と治療が必要になってきます。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ