女性のカラダ

生理前の不快症状を軽くしたい

 

 

月経前症候群(PMS)の症状には、食事とストレスが関係しているといわれています。

 

バランスの良い食事と規則正しい生活は基本中のキホン。

 

これが崩れると、病状がひどくなる傾向があるのです。

 

 

症状の緩和に役立つ栄養素は、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンB6、γ-リノレン酸含有食品(γリノレン酸はオメガ6系の多価不飽和脂肪酸)など。

 

サプリメントでは、精神を落ち着かせてくれる「セントジョンズワート」や、ホルモンバランスを整える「チェストベリー」などのハーブ、そして大豆イソフラボンがオススメ。

 

 

ただし「セントジョンズワート」は、妊娠を望む人は服用しないこと。

 

逆に控えたい食品や物質は、カフェインやチョコレート、アルコール、タバコなど。

 

また、仕事や家庭のストレスをできるだけ溜め込まないように心がけることや、症状がひどい場合は周囲の人に打ち明けて理解を求めることも大切。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ