女性のカラダ

ブーツの脚のむくみケア

増田美加先生

今年の冬もかわいいブーツがたくさん! 寒い冬はやはりブーツが大活躍ですね。私もほぼ毎日ブーツ派です。

でもブーツを履いたときの悩みは、脚のむくみ。足首が固定されてしまうので、むくみやすくなります。


そこで、おすすめの脚のむくみ対策をご紹介します。

まず、脚のむくみ解消の簡単な技は、ふくらはぎのポンプです。

血液やリンパ液を上のほうに戻す、ポンプの役割りをしているのが、ふくらはぎの筋肉。このポンプが使えていないと、血流がとどこおり、むくみやすくなります。
ふくらはぎの筋肉を動かせば、血液やリンパ液が上のほうに向かって流れ出し、むくみが解消されてきます。


やり方は簡単です。ふくらはぎの筋肉にグッと力を入れるだけ。もちろんブーツを履いたままでもできます。

座って片足ずつ、かかとを上げてつま先だけ床に着くようにすると、ふくらはぎに力が入りやすいので試してみて。

同じように、立っていてもできます。片足ずつ、かかとを上げれば、ふくらはぎに力を入れやすいです。

「むくみそうだなあ」と思ったら、予防として行うと、夜までむくみ知らずの脚に。


そして、ブーツを履いていてもいいので、たまに気づいたときに、足首を回してみましょう。これもむくみ防止に役立ちます。


夜は、湯船にゆっくり温まって、ひざの裏から足首までをやさしくマッサージ。お風呂上りに脚にクリームを塗るのも、マッサージ効果が期待できて◎。

試してみてください。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ