女性のカラダ

電磁波が不妊の原因になることも

 

 

ギリシャの研究者らが、マウスに高周波を5世代にわたってあて続けたところ、不妊が起こるという結果が!

 

また、ロンドンの調査で携帯電話を持ち歩く男性は、通常の最大30%も精子の数が減少していることがわかっていて、携帯電話をズボンのポケットなどに入れている男性はリスクが大きく、女性は子宮内膜症を発症する可能性があるなどといわれています。

 

このように、電磁波の影響で不妊症の夫婦が増えている可能性があることは否定できない状況。

 

でも、今の日本で、電磁波を受けずに生活することはほとんど不可能。

 

 

携帯電話、パソコン、テレビ、IHクッキングヒーターなど、電磁波を放つ電化製品が増え、職場でも一日中パソコンを操作している人も増えました。

 

子供を望むなら、不妊の要因を減らすことはもちろん、妊娠してからも流産、早産、障害児の出産の可能性を減らすために、パソコンの使用量を減らす、普段は携帯電話は離しておくなど、長時間にわたって電磁波を浴びないようにする必要があるかも。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ