女性のカラダ

「恋する女性の医学 1」 恋する前に“女性ホルモンの美女道”を!

増田美加先生

「恋する女は美しい」
地球上のどんな地域でも、どんな時代でも、普遍の原則ですね。
美しくあるためにも、恋はずーっとしていたいものです。

でも、ちょっとだけ待って! 現代女性は、恋する前にぜひ知っておいてほしいことがあるのです。
それは、女性ホルモンの知識。
女性ホルモンの体、心、肌への影響や仕組みをぜひ知っておくと、美しさにさらに磨きがかかると思うのです。

まずは、子宮と卵巣の働き生理や排卵のことエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの作用について、このコラムでも紹介してきましたので、ぜひ読んでみてください。

今回は、毎日をはつらつと前向きに過ごして、美しくなるポイントを「女性ホルモンの美女道3か条」としてご紹介したいと思います。


第1条 女性ホルモンが発する体と心、お肌の声に耳を傾ける

体と心、肌の調子は、女性ホルモンのバランスととっても関係しています。体調がいい日、悪い日をカレンダーにつけておきます。
そして、その日は、排卵前? 生理前? 生理後すぐ? かどうかをチェックしてみましょう。
自分だけの女性ホルモンと体調との関係がわかってきます。
何か月かたまると、すごく大切なデータになります。大事な約束やデートの日をいつにするかを決めるときにも、参考にします。
最高の自分を見せるためには、いつがいいかが予測できます。


第2条 定期的な検診こそ美女道への第一歩

キレイな素肌も、バランスのとれたスタイルも、体調がよくなければ手に入りません。
不調だと肌も荒れるし、むくんだり、太りやすくなったり、バランスが崩れた体型になります。
不調や病気のなかには、自分で症状を感じられないものもあります。
それを見つけるのが検診です。20歳になったら、まずは子宮がん検診から始めてください。


第3条 マイドクターをもつことが美女のたしなみ

女性の場合、婦人科のマイドクターをもてるといいですね。
妊娠前に婦人科に行くのはハードルが高いという女性がまだまだ多いですが、美女道を究めるためには婦人科の医師は欠かせません。
不調や病気がなくても、20歳を過ぎたら年1回は子宮や卵巣の状態をチェックしてもらうことが、女性ホルモンのバランスを整えるためにも重要です。
どうしても婦人科のドクターが見つからない場合は、内科や皮膚科のドクターに相談して紹介してもらってもいいと思います。
漢方のドクターに相談するのもおすすめです。
「恋する女性の医学 2」 デートの約束は“エストロゲン”をチェック!
  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ