女性のカラダ

更年期障害について今から知っておこう! 2 「35歳を過ぎたら、どうすればいい!?」

増田美加先生 更年期障害について今から知っておこう! 1 「更年期障害って何?」

更年期をハッピーに過ごすために、今から何をしておけばいいか、準備できることを考えましょう。


35歳を過ぎると、そろそろ女性ホルモンの分泌が減ってくる年代で、プレ更年期が近づいてきます。妊娠・出産のリスクも高くなり、高齢出産に。

早い人では、更年期障害と同様の症状を感じる人もいます。PMSの症状がこれまでより強くなったと感じる人もいます。

35歳を過ぎたら、本格的な更年期対策を始めましょう。


まずは、検診です。子宮や卵巣に異常はないかどうかの「婦人科検診」を毎年、受けていますか?

子宮や卵巣に異常があると、更年期障害ばかりか、更年期以降に大きな病気として現れることもあります。


もし今、不調があれば、改善する方法を探しておきます。それが将来の更年期障害の対策として有効になります。

たとえば、イライラしたり、心が落ち込んだりする日には…。あなたはどうすると、これらの心の不調が軽くなりますか?

好きな音楽を聴くこと? 好きな入浴剤を使ってお風呂にゆっくり入ること? 好きな運動をすること? 好きな映画や本を読むこと? 早く寝ること? 友達とおしゃべりすること?…ETC.

自分の心の不調を軽くする方法を今から試しておいて、引き出しをたくさん作っておくことがとっても役立ちます。


また、疲れてだるいときには…どうやって体調を整えて元気になりますか?

夜10時には寝る? 温かくて消化の良いものを食べる? 半身浴をする? ヨガをする? 生姜湯を飲む? 甘いものを控える? お腹を冷やさないように腹巻をする? 好きなオイルを使ってマッサージをする?…ETC.

いろいろ工夫して、自分なりのいい方法を探してみてください。


セルフケアではうまくいかないときには、そうすればいいでしょうか。

今からホームドクター、マイドクターを作っておくことも大事です。

本格的な更年期に入ったときにも相談にのってもらえるドクターです。

婦人科のドクターや漢方薬のドクターがおすすめ。

私は、婦人科のマイドクターも、漢方専門のマイドクターも、両方にお世話になっています。

ぜひ、今から探しておきましょう。いざというときの味方になってくれます!

更年期障害について今から知っておこう! 3 「25歳~35歳、どうすればいい!?」

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ