女性のカラダ

女性に多い“秋バテ”に注意!

増田美加先生


今年の夏は猛暑でしたね。

10月に入っても30℃近くまで気温が上がる日があって、体調管理がむずかしいです。

今年の秋は、「なんだか、だるーい、疲れる」と不調を訴える人が増えています。

そんな人は、“秋バテ”の可能性があります。

秋バテは、夏の疲れが季節の変わり目で涼しくなった秋に出ること。

夏、冷房で外から体を冷やしすぎると、血流や体温を調節する自律神経がうまく働かなくなり、食欲が出ない、眠れない、胃腸の不具合などの不調となって現れやすくなります。

この夏は、熱中症予防もあって冷房の強い場所も多く、屋外と室内では20℃近い温度差がありました。

自律神経に相当の負担がかかって、女性ホルモンのバランスも崩れやすい環境に。

秋バテは、普段体力のある人でも起こしやすい不調なので注意が必要です。


では、どのような対策をとればよいでしょうか?

ここ数日で、急に涼しくなったので、一番の対策は、油断して体を冷やさないようにすること。

おすすめは、お風呂です。体を温め、血めぐりをよくするには入浴がいちばん。

38℃から40℃のぬるめのお湯に、長く浸かるとリラックス効果が高まります。好きな入浴剤を入れて、入浴を楽しい時間にしてください。

首の後ろや目の上にホットタオルをあてるのも、短時間で疲れをとる方法です。


この季節は、寝るときはちょうどよくても、明け方急に冷え込みます。

そのせいで風邪をひいたり、むくんだり、お腹をこわしたり…。

私は、寝るときに「少し暑いなあ」と感じても、腹巻きとレッグウオーマーをして寝ます。

パジャマは半袖で涼しい夏もの素材にしても、お腹と足首を温めておけば、まず体調を崩すことはありません。

試してみてください。


それから、食事。

食欲の秋なのに、胃腸の調子が悪い、食欲がない…などは、秋バテしている証拠です。

まずはお腹を温め、消化のよいものを食べて、胃腸を回復させましょう。

私は、胃腸の調子がダウンしているときは、お粥をよく食べます。

温かいし消化もいいし一石二鳥。

1日、お粥にするだけでずいぶん、胃腸の調子が整いますよ。

お好みで、生姜や梅しそ、ゴマ、クコの実などを入れて味を工夫すると、飽きずに食べられます。

それから発酵食品もおすすめ。

ヨーグルトもいいですが、動物性脂肪が気になるので、私は日本が誇る発酵食品、麹を摂り入れています。

最近は米麹のドリンクや甘酒などもブームになっていますね。

料理は塩麹で味付けしたり、味噌や醤油、酢、漬物、納豆もよく使うようにしています。


秋バテを上手に改善して、味覚の秋、行楽の秋を満喫してください!

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ