女性のカラダ

女の子のカラダはデリケート! こんなNGなこと…していませんか? 「暑くても肌は乾燥します!」

夏のむくみ対策

暑いですね。

汗をかいて、肌がベタつく季節ですね。


でも知っていますか?

夏はとても乾燥しやすい時期だっていうこと。


冷房は、肌表面に必要な脂分まで奪っていきます。

夏は汗でべたつくので、気がつかないことが多いのですが、意外と肌は乾燥しているのです。


気づかずに、肌を乾燥させてしまっているNG行動をあげてみましたので、夏の乾燥対策の参考にしてみてください。


バスタブに入らない日が増えていませんか?

バスタブに入らない

シャワーで済ます日が続くと、気づかないうちに、体の中の血流が低下して、肌に十分な栄養がいかなくなります。


夏こそ、肌の乾燥対策のためにもバスタブに入って温まり、冷房で冷えた体の芯を温めることが大事なんです。


きちんと保湿ケアをしていますか?

保湿ケア

紫外線は、肌を乾燥させます。紫外線対策のUVケア化粧品は、保湿ケア成分が入っていないものも少なくありません。


UVケアの日焼け止めクリームなどを塗る前に、十分保湿できる美容液やクリームを昼間もたっぷりつけてください。


夜はもちろんですが、夜よりも昼間に、エアコンや紫外線で乾燥するのを防ぐことが大事なのです。


入浴後も保湿をしてください。

夏は、つい、さっぱり系の化粧品ばかりを使いたくなりますが、美溶液やクリームでしっかり保湿してください。


また、ボディケアも忘れずに。

紫外線でボディもダメージを受けています。

入浴後は乾燥しがち。夏だから、とケアをさぼると、肌の新陳代謝が低下します。


入浴後、ボディにも乳液やクリームをつけて保湿するようにしましょう。


髪の毛も、紫外線とエアコンで肌と同じように乾燥します。

髪の紫外線対策には日傘や帽子がおすすめ。

またUVクリームを髪につけてもいいですよ。

シャンプー後は、ヘアクリームやヘア美容液をつけて、髪の保湿も忘れずに。

ドライヤーで乾かす前につけると、ドライヤーの熱のダメージからも髪を守れます。


冷たい食べ物や飲み物をついつい摂ってしまっていませんか?

体を冷やす食事

暑いから少しは仕方がありませんが、冷たいものばかりを飲食せず、温かいものも摂って、胃腸を温めるようにしてください。


胃腸が冷えると、肌が荒れたり、乾燥したり、しっしんなどもできやすくなります。

冷たいものは、摂りすぎないように気をつけて。


夏は、UVケアだけでなく、保湿をきちんとしておくと、夏のダメージを最小限にできます。


秋、涼しくなって、急に肌の乾燥を感じますが、それは夏の保湿ケアが足りなかったせい。


夏こそ、美肌のために保湿を忘れずに!



▼著者:増田美加の人気コラム▼

女の子のカラダはデリケート!こんなNGなこと…していませんか?「“むくみ”はボディラインを崩します」
女の子のカラダはデリケート! こんなNGなこと…していませんか?「汗をかいていますか?」
女性ホルモンを整えて代謝をあげる
【妊活】卵巣力をあげる!日常生活でできることって?
美容にいい○○のウソとホント【その1】 生理前に豆乳がいいってホント?
朝起きたら顔がパンパン!? 顔むくみの対処法とは


  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ