女性のカラダ

女の子のカラダはデリケート!こんなNGなこと…していませんか?「“むくみ”はボディラインを崩します」

夏のむくみ対策

いよいよ暑い夏がやってきますね。

暑い夏だからこそ、気をつけたいのは、冷えによる“むくみ”です。


夏に女性がむくみやすい理由は?

夏はどうしても、冷たいものを飲んだり食べたりして、薄着にもなります。

そのうえ、冷房は女性にとって大敵です。

夏こそ、体が冷えやすい環境が整っているのです。

体形を壊すのは、脂肪だけではありません。

冷えからくるむくみも、ボディラインを崩すマイナスポイントです。

一時的なむくみなら、ひと晩で元に戻ります。

でも、内臓や細胞が冷えて、血流やリンパの流れが滞ってしまうと、いらない余計な水分を体内にため込んでしまうことになります。


細胞内の必要なところに水分が入るのは、みずみずしさにつながっていいのですが、むくみの水分は、細胞外の不必要なところに滞ってしまうので、末端の手足や顔、頭がむくみ、さらに進むとおなかまでポッコリ!になりかねません。


夏、むくみに悩んでいる人は、もしかしたら気づかずに、こんなNGなことをしていませんか?


気をつけるべきポイント

気をつけるべきポイント

□ワンピースを着ることが多い(ワンピースは1枚で楽ですが、ウエストに洋服の層ができにくいので、意外とおなか周りを冷やします)


□スカートで素足にサンダル、というファッションが多い


□汗をかくのがいやで、つい冷房に頼ってしまう


□夏はバスタブに入らず、シャワーだけで済ませてしまうことが多い


□アイスや清涼飲料水、ジュースをよく飲む


□日常的な運動をしていない(熱中症にならないように、夏はウオーキングもしない)


□夏はソーメンや冷やし中華、冷ややっこなど、どうしても冷たいものを多く食べてしまう


□夏は食欲がなくなり、1食抜いたり、食事の量が減ってしまう


□甘いものが好き(砂糖の摂りすぎは体を冷やします)


□暑いからとタンクトップなど、肩を出して寝る(首肩周りが冷えやすくなり、夏風邪もひきやすくなります)


□靴下を履いて寝る(足の指の間に汗をかいて結局、体を冷やすもとに)


□ビタミンを摂らなくちゃと、体を冷やすフルーツを食べすぎている(南国で採れるマンゴー、すいか、パパイヤ、パイナップル、バナナなどは冷やす食材です)


いかがでしょうか?

気づかずに危険なことをしていませんでしたか?

思い当たることがあれば、夏の冷え太りを予防し、むくみ防止のために、改善してみてください。


「冷やしたら、むくんで太る!」を合言葉に、冷えない夏を過ごしてボディラインをキープしてくださいね。



▼著者:増田美加の人気コラム▼

【妊活】卵巣力をあげる!日常生活でできることって?
女性ホルモンリズムを知って心のエネルギー切れを解消!
女性ホルモンを整えて代謝をあげる
【妊活】卵巣力をあげる!日常生活でできることって?
美容にいい○○のウソとホント【その1】 生理前に豆乳がいいってホント?
朝起きたら顔がパンパン!? 顔むくみの対処法とは


  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ