二日酔いの女性

年末は胃腸がお疲れ気味に…飲みすぎ、食べすぎ後の救済ケア

  • 更新日:2019/06/06

忘年会、クリスマス、年末年始と、外食が増える時期ですね。

飲みすぎ、食べすぎで、そろそろ胃腸が疲れてきていませんか?


胃腸が疲れると、体が冷えたり、肌荒れを起こしたり、吹き出物が出たり、疲れやすくなったり…と、不調が重なります。

これは胃腸からのSOS。そんなときは、ちょっぴり胃腸を休ませてあげると、体も楽になります。


簡単に胃腸を休ませる方法は、どこか1日、夕食をローカロリーフードにしてみてください。翌朝、すっきりして、顔のむくみもとれますよ。


おすすめのローカロリーフード

カブのスープ

消化のいい、ローカロリーフードとしておすすめなのは、カブ。カブの葉も全部使って、カブの丸ごとスープはいかがでしょう。


カブ1個は8等分くらいに切り、葉は3センチくらいのざく切りに。ニンニクとトマトを入れてコンソメスープで煮込むだけ。

仕上げにコショウを効かせて、いただきます! 豆乳を加えると、美肌のためにもいいスープになります。

これでだいたい150kcal。ねっ、ローカロリーでしょ。


胃腸に負担をかけず、ビタミンをとれて、体も温まります。


気持ちいい!オフィスでできるツボ押し

もうひとつ、オフィスでもできる胃腸のツボ押しを紹介します。


「足三里(あしさんり)」のツボは、胃もたれに効きます。ひざから指4本分下がった、むこうずねの外側にあります。


椅子に座ったまま、反対側の脚のかかとで、むこうずねの外側を押しても、だいたい足三里に当たります。気持ちいいと感じるところが、ツボです。


胃腸がグルグルっと、動くのがわかります。ぜひ試してみてください。



▼著者:増田美加さんの人気コラム▼

“妊娠力”が高いのはいったい何歳まで?

生理痛は、病気のサイン ~不妊の原因となる子宮内膜症の可能性も!

生理時の出血、多い?少ない?これって病気ですか?

妊娠していないのに生理が遅れる原因は?

妊活の第一歩は健康な体つくりから!食事のクセを見極めてダイエットを

  • 増田 美加 (女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag