女性のカラダ

寒い日の肩こり、頭痛対策には?

肩こりや頭痛

肩こりと頭痛は女性に多い

気温も湿度も低いと、ついつい身を縮めて体に力が入ってしまいます。

特に生理前に、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が高まると、血流が低下して冷えやすく、肩こりや頭痛という不調となって現れやすい時期です。

肩こりも頭痛も、生理前の女性ホルモンの変動によって起こることがあるから、女性に多い不調なのですね。


自分でできるリンパマッサージがオススメ!

肩こりにも頭痛にも、血流アップがもっとも大切。そこで、自分でできる簡単なリンパマッサージをしてみてはいかがでしょう。

リンパは体の表面にも広くはりめぐらされているため、深い部分のマッサージでなくても、体表面をやさしくなぜるだけでも効果があります。


リンパマッサージをするときには、アロママッサージオイルを使うと皮膚から浸透することで植物のパワーも得られます。リラックス効果も高まります。

血行促進とリラックス効果のあるオイルは、ローズマリー、ラベンダー、マジョラムなどがおすすめ。

もちろん、手持ちの好きなマッサージオイルやクリームでもOK。滑りやすいほうがいいので、オイルやクリームを何か使いましょう。


リンパマッサージのやり方

まずは、頭から。頭皮のマッサージ。額から頭頂へ、耳の脇から頭頂へ、後頭部から頭頂へ、とすべて頭頂に向かってもみ上げるのがコツです。

そして、耳。耳はどんなに動かしてもOK。多くのツボが集まっているところなので、手で握ったり絞ったり、回したりするだけで、ポカポカしてきます。


次は、首です。手で耳のつけ根から肩へ向かって、上から下に流すようにしていきます。鎖骨の周りも滞りやすいところなので、何度も中心から外側へ流すように触ってください。


あとは脇の下。反対の手で、脇の下から肋骨にかけて、背中側から乳房へ向けて流していきます。

いかがですか? 直接、肩をもまなくても、ずいぶん肩から上が温まって、血流アップを感じられると思います。頭の重さも少し軽くなりませんか?


それから、肩や頭など上半身に張りや痛みがあるときは、チョコレートや赤ワインなどは控えたほうがいいと言われています。

そんなときは、香りのいいハーブティを温かくして飲んでみてはいかがでしょうか。


▼著者:増田美加の人気コラム▼

性交痛はどう治療する?
デリケートゾーンの悩み
脚のむくみ、原因は病気!?脚をむくませる病気をチェックしよう
私たちの力になってくれる婦人科医の選び方
命を守るために【かんたん乳房自己チェック法】
生理周期と女性ホルモンのこと知っていますか?
  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ