女性のカラダ

生理痛が起こるわけ、知っていますか?

増田美加先生

そもそも生理痛はなぜ起こるのでしょう?


「生理痛を何とかしたい!」と思ったら、対策を考えるために、生理痛のメカニズムを知っておきましょう。
そもそも、なぜ同じ生理なのに、人によって痛さが違うのでしょう?


生理は、妊娠のために準備していた子宮内膜が剥がれ落ちて起こる出血のこと。まず、生理痛のメカニズムをお話します。


私たち女性は、毎月、妊娠の準備のために、子宮の内側にある“子宮内膜”を厚くします。この子宮内膜は、受精卵が着床するフカフカのベッドになるのです。
でも妊娠しないと、子宮内膜から分泌される、“プロスタグランジン”という痛み物質の働きで子宮が収縮します。
子宮内膜は、不要になるので、はがれて排出されます。これが生理の出血です。
生理痛は、このプロスタグランジンが多く発生すると、末梢神経が刺激されて起こる、というわけ。



それならば、同じ生理のメカニズムをもつ女性なのに、人によって生理痛がひどい人とそうでない人がいるのは、なぜ? と思いますよね。
さきほどお話したように、子宮内膜に産生される“プロスタグランジン”という物質は、子宮の筋肉を収縮させて、子宮内膜(生理の出血となる)を子宮の外に押し出します。
生理痛の強い女性は、そうでない女性よりも、この痛み物質である“プロスタグランジン”が多く発生します。ですから、子宮の筋肉が過度に収縮してしまいます。
はがれ落ちた子宮の内膜が、頸管(子宮の出口にある細い管)を通過するときの刺激も加わりますので、痛みをより強く感じるのです。


「痛い!」という記憶は、私たちの脳に残るため、生理への不安や緊張などの心理的要因によっても、生理の始まる直前から下腹部や腰痛を感じることも多いのです。
ですから、痛い!という痛み記憶が脳に刻まれる前に、早めに対策をして治療することが大事です。


次号以降で、生理痛の原因と対策についてお話しますね。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ