プレスリリース免疫力UPのためにできること

在宅勤務で免疫力が低下しがちな人が抑えるべき5つのポイント

  • 更新日:2020/05/25

 全国的に新たな感染者は減少しつつあるとはいえ、まだまだ油断はできない状況が続いています。緊急事態宣言が解除された県でも、未だ在宅勤務が続いているという方は多いでしょう。しかし、在宅勤務への慣れも出てきたことで、夜ふかしをするようになったり食生活が変化したり、生活リズムが不規則になっていませんか?

 今回は、株式会社日本トリムが教えるウィズコロナ時代に欠かせない免疫力の維持や向上策をご紹介します。


1.“Stay Home”による免疫力低下に注意

プレスリリース免疫力UPのためにできること

“Stay Home”はウイルスを拡散しないために有効な一方、免疫力の維持向上には注意が必要です。なぜなら、自宅にとどまることで運動不足になりストレスも溜まりやすくなるからです。在宅勤務が続く方にまずおすすめするのは、1日1万歩歩くことです。1万歩は早歩きで約1時間。1時間も歩く時間がとれない。外を歩くのは感染の懸念が……。そんな方には念入りなストレッチ運動をおすすめします。腹式呼吸で全身の筋肉、特にインナーマッスルを意識しながらゆっくりと時間をかけてストレッチ運動をしてください。


2.深い睡眠と規則正しい生活が鉄則

プレスリリース免疫力UPのためにできること

 在宅勤務することで通勤に時間をとられません。ついつい睡眠時間が長くなり不規則な生活になってしまっている方もいるのでは。でも不規則な生活やダラダラ睡眠は禁物。人の身体には体内時計があります。夜になると睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンが増え、朝日を浴びることでこれがリセットされます。不規則な生活や太陽光を浴びないような生活を続けるとメラトニンが正常に分泌されません。メラトニンは免疫力を増強するという研究結果もあり、規則正しい生活はとても大切です。また睡眠は時間の長さより深さが重要。深い睡眠には血液の循環を良くし腸内環境を整える効果があります。


3.在宅勤務でも適度な休憩と「笑い」が大切

プレスリリース免疫力UPのためにできること

 在宅勤務では仕事とプライベートの境が取りづらく、ついつい働きすぎてしまうという方もいるようですが、適度に休憩し安らぐ時間をとることが免疫力維持には重要です。人は笑うことで免疫細胞の一つであるナチュラル・キラー細胞(NK細胞)が活性化されるといわれています。NK細胞は、全身をパトロールしながら体内に侵入するウイルス感染細胞などを見つけ攻撃する免疫細胞です。免疫力アップのためにも、適度に休憩をとりながら、自分が好きな動画、心から楽しめる友人や家族、職場の仲間と会話をすることは在宅勤務でも大切なことです。


4.腸内環境を意識したお手軽料理がおすすめ

プレスリリース免疫力UPのためにできること

 在宅勤務をしていると実は時間があまりとれないのがランチ。でも食事をおろそかにすることは絶対にダメ。免疫細胞は腸内に6割以上あるといわれています。腸内環境を整えることで、免疫細胞を活性化することができます。腸内環境整備におすすめは発酵食品。納豆やみそ汁、ヨーグルトを意識して食べることが大切です。とくに忙しい在宅勤務の方へのおすすめは「みそ玉」。みそに好きな具を入れて丸めておくだけで簡単にみそ汁の作り置きができます。免疫力を意識してみそ玉に体内の炎症を抑えるとされるオメガ3オイルを垂らしておくこともおすすめです。


5.こまめな水分補給も忘れずに

プレスリリース免疫力UPのためにできること

 人の体内の60―70%以上は水でできています。出歩く機会がないときでもこまめな水分補給は大切です。水分が減ると血液がドロドロになります。体内に炎症を引き起こしやすくなり免疫力が低下します。家庭での飲用水では、管理医療機器として胃腸症状を改善する効果がある整水器もおすすめです。整水器でつくられた水は、抗酸化作用があるといわれる水素を多く含んでいるので、体内の炎症を抑える効果が期待でき、毎日習慣づけることが健康増進につながります。



 在宅勤務を続けている方は、運動不足やストレスなどにより免疫力が低下しやすい状況にありますが、以上5つのポイントを抑えて免疫力の維持・向上に努めましょう!



【参考】

株式会社日本トリム

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag