人生崖っぷち母ちゃん

不妊治療との両立、もしかしたら無理ゲーじゃないかも?

  • 更新日:2020/07/06

婚活に妊活。そして、妊娠・出産…。令和に突入したと言えども、働く女性のプライベートは相変わらず忙しいようです。


こんにちは、赤星ポテ子です。

私は不妊治療と仕事との両立に悩み、会社を辞めた経験があります。


一経験者として、不妊治療を続けながら働くことの難しさや、治療に合わせた柔軟な働き方の取組についてお話します。


「不妊治療」は「妊娠出産」と同じくらい両立が困難

不妊治療との両立

ではまず、妊娠・出産を機に退職した女性の割合を見てみましょう。


2人に1人「妊娠・出産を機に退職」

内閣府男女共同参画局の調べによると、「約半数の女性が妊娠・出産(第一子)を機に退職」しています。


【参考】 第1子出産前後の女性の継続就業率

子育てに専念するために退職を進んで選択する方もいるので、子育てとの両立が困難な職場環境だったとは言いきれません。

とはいえ、親の世代とは異なり、出産後も働き続ける女性が増えましたが、いまだ半数もの女性が妊娠・出産をきっかけに仕事を辞めています。


5.5組に1組の夫婦が「不妊で悩んでいる」

実際に不妊で悩む夫婦はどのくらいの割合でいるのでしょうか。

私が不妊治療をはじめた10年前は、10組に1組と言われていました。


国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」によれば、不妊検査や治療をおこなった夫婦は、5.5組に1組という調査結果になりました。

不妊症で悩む夫婦の割合は、いまだ増加傾向にあります。


【参考】国立社会保障・人口問題研究所「第 15 回出生動向基本調査」結婚と出産に関する全国調査

4人に1人が「不妊治療を理由に退職」

約半数の女性が退職を選択する「妊娠・出産」に比べ割合は低いものの、不妊治療経験者の女性の4人に1人が退職の道を選んでいました。


また「不妊治療と仕事との両立が困難」と訴えた人は、退職を決めた人達の数も含めると96%にも達していました。


【参考】NPO法人Fine「不妊白書2018」

不妊の世界も、男は仕事を続けやすい「男女の壁」

なぜ、不妊治療も妊娠・出産のように女性側の負担が大きいのでしょうか。

「通院回数の多さ」と「通院日が予測できない」という、不妊治療独特の事情があります。


たとえ不妊原因が男性側であったとしても、卵子の発育状況によって治療方法やスケジュールが決まるため、女性は排卵日までに何度も病院へ足を運ぶことになります。


一方、男性は、治療初期に行われる「不妊検査」と「排卵日※」のみの通院で事足りてしまいます。


多種多様な働き方

不妊治療は治療が高度になるにつれ、通院回数と費用の負担が増えます。


●いつ終わるか先が見えない不妊治療

●自由診療のため、治療費が高い


治療の選択肢(=可能性)を狭めないためにも、通院中の方の多くが働きつづけることを望んでいます。


ゆるふわキャリア

ーーパート

高度医療(体外受精・顕微授精)に進むタイミングで、会社を辞めてパートに切り替える方が多いです。

私の友人は仕事を探す際に、シフト調整を柔軟に対応してくれる職場を探し、面接時に不妊治療中であることを伝えていました。


ーー在宅ワーク・フリーランス

会社に雇われず、自宅を作業場として働くスタイル。

自宅にPC環境が整っていることや知識があることが条件となります。

ネット環境の進歩により近年ではアマゾンをはじめ、多くの企業で在宅ワークを取り入れ始めています。


パートに比べ、より柔軟に働けることが魅力な在宅ワーク。

夜にシフトを入れ、通院時間帯とは被らないように働いている友人もいます。


フリーランスは、在宅ワークと同じく会社やお店などの組織に属さず、案件ごとの対価によって報酬を受取ります。


Webデザイナーやプログラマーといった専門スキルを必要とする場合もあります。


在宅ワークと異なる点は会社などの組織に属さないため、仕事がなければ自分で売り込みをする必要があるという点です。


企業に広がる不妊治療への支援制度

現在、週2会社員・週3フリーランスというスタイルで働いています。


私が治療との両立に悩み、フルタイム勤務を辞めた10年前と比べ、フルタイムの働き方がより柔軟になり、職場の不妊治療への理解も広がったように感じています。


●不妊治療による1年間の休職制度

●フレックスタイムの活用

●リモートワークの活用


新型コロナウイルスによる、リモートワーク・フレックスタイムの活用が急速に活発になりました。


この流れは一時期的な流れではなく、日本の「働き方」が大きな転換期に突入しました。


●職場に不妊治療を支援する制度はないか

●通院日と重なった場合、シフト変更に柔軟に対応してもらえるか

●自分ができそうな在宅ワークがないか探してみる


働きながら治療を続けたいと考えている方は、「仕事に自分の生活を合わせる」のではなく、「自分の目標や夢に合わせた働き方」を一度考えてみてはいかがでしょうか?


あなたの人生の選択肢は、あなたが思っているよりも多い。



▷▷連載を1話から読む

#1『ポチャッと小太り赤星ポテ子です』


▷▷人生崖っぷち母ちゃん|バックナンバー

#34『不妊治療でかかった費用は確定申告で取り戻そう! 医療控除になるもの、ならないもの』


#35『いつかパパになりたいアナタへ 「精子」の不都合な真実』


#36『「不妊の悩み」どこに相談するのがベスト?』


#37『アナタはいくつ知っている? 妊活をオブラートに表現する「妊活隠しことば」』


#38『不妊治療を始める前に知っておきたい、治療法によって異なる通院回数!』



▼赤星ポテ子さんの作品はコチラ!▼


  • 赤星ポテ子 (イラストレーター&漫画家)

    武蔵野美術大学卒。不妊治療を経て一児の母に。いつか息子と海外移住できることを夢みている。 著者「ベビ待ちバイブル」「子どもにちゃんと伝わるお金の「しつけ」」(共著)など

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag