プレスリリースウイルス対策

「免疫力」に着目!ウイルスやストレスに負けない体づくりの秘訣

  • 更新日:2020/04/07

 この2ヶ月、テレビを見てもSNSを見ても新型コロナウイルスの話題でもちきりですよね。そんな中、注目が集まっているのが「免疫力」というキーワード。そこで今回は、わたし漢方株式会社が提案する、新型コロナウイルスや環境の変化にも負けない体づくりの秘訣をご紹介します!


外出自粛で運動不足やストレス状態にある今、重視されるのが「免疫力」

プレスリリースウイルス対策

 私たちは、常に様々な種類の菌やウイルスなどの脅威にさらされていますが、免疫力のおかげでこれらの脅威から身を守ることができています。


 免疫力とは、感染、病気、あるいは望まれない侵入生物などから体を守ろうとする力のこと。しかし、現代人の免疫力は、ストレスや食生活の変化など生活習慣の悪化などが原因で低下していると言われています。また、最近では、外出自粛を背景に、運動不足による筋力の低下や不安や制約からストレス状態になっている人も増えているようです。


自分の平熱は何℃?体温と免疫力の関係

 健康的な平熱は、個人差もありますが、成人で36℃~37℃とされています。しかし近年では、平熱が35℃台という低体温の人が増えているのだそう。低体温になると、血流が悪くなり様々な不調を引き起こすと言われており、生活習慣や食生活による改善が必要とされています。また、体温が1℃下がると、酵素の動きが悪くなり、その結果代謝が低下し、免疫力も下がるといった負のスパイラルを巻き起こします。このように、低体温は免疫力にも深く関係していますので、体温を上げ、代謝を高めることは健康的な体づくりに欠かせないアプローチなのです。


免疫力が高い人と低い人の違い

 免疫力がしっかりしていると、防御作用が働き、病気になりにくいのですが、免疫力が低下していると容易に病気になったり、体調を崩しやすくなったりします。風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、疲れやすかったり、アレルギー体質になったりする可能性も。また、病気が治るのに時間がかかるのだそう。


体温が低下する要因は?

 では、低体温を引き起こす要因には、何があるのでしょうか。

 実は、筋肉量の低下やホルモンバランスの乱れなどはよく知られていますが、ストレスや自律神経の乱れなども低体温に影響があると考えられます。気づかないうちに体に負担がかかっているかもしれません。


プレスリリースウイルス対策

「気」を補うアプローチで体温を上げる

・体温を上げる薬膳食材を積極的に

・生活習慣の見直しを

・ひとりひとりの体質に合わせた漢方薬を


 漢方の考え方では、五臓六腑や気血水のバランスを整えて、生命力や抵抗力である「生気(せいき)」を高めていくことを目指します。五臓六腑の「五臓」とは、肝・心・脾・肺・腎を、「六腑」とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦を指します。また、気血水とは、人間の生命エネルギーや体の働きを表す漢方特有の物差しのようなもの。不足した「気」を補ってこれらのバランスを整えることで、体温を改善し、免疫力を高めることを目指します。


~体温を上げる薬膳食材を積極的に~

 食事からたっぷり栄養を摂って丈夫な身体を作りましょう。冷たい飲み物やアイスクリームを飲みすぎたり、暴飲暴食などは体温の低下につながりますのでなるべく控えたほうが良いでしょう。

(食材例)大根・人参・かぼちゃ・ごぼう・ねぎ・生姜・ニンニク・卵・味噌・チーズ・りんご・さくらんぼなど


~生活習慣の見直しを~

 食事はバランスよく腹八分目で、よく噛んで、規則正しく、体を温める食べ物を意識してとることが大切です。また、早寝早起き、睡眠をしっかりとりましょう。筋肉量を増やすためのストレッチやヨガ、気功など呼吸を整えながら行うような運動も効果的です。


~ひとりひとりの体質に合わせた漢方薬を~

プレスリリースウイルス対策

『わたし漢方』では、LINEでのオンラインカウンセリングを通して、個々人の体質にあわせた免疫力UPのための漢方相談を受付しています。例えば、ストレスが低体温の原因となっているタイプの人は「気」の巡りを改善するアプローチを、「血」不足のタイプの人は「血」を補うアプローチを、胃腸が弱く、栄養をしっかり吸収できていないタイプの人は、胃腸の働きを立て直すためのアプローチを、などのように、体質を判断し、最適な漢方薬を選んでくれます。



 強い感染力で知られる新型コロナウイルス。マスクをつける、手洗い・うがいを徹底するなどの対策をされている方は多いと思いますが、土台である体が弱っていては話になりませんよね。まずは「体温を上げることで免疫力を高め、病気になりにくい体づくりを目指したい」。そんな方は、『わたし漢方』の漢方薬剤師にLINEで相談してみるのも一案かもしれません。



【参考】

わたし漢方株式会社

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag