浅田先生に聞く!卵子の老化を遅らせる方法ってありますか?

浅田先生に聞く③「卵子の数が減る」のを遅らせる方法ってありますか?【ドクターインタビュー】

  • 更新日:2020/03/16

前回のインタビューでは、浅田レディースクリニック理事長の浅田義正先生に、「何歳まで妊娠・出産が可能なのか」についてうかがいました。

第3回目、最終回の今回は、卵巣年齢が高くなる(卵の数が少なくなる)原因や卵巣年齢を測る最適な頻度など、「卵の数」について気になるポイントを聞いてみました!


ドクタープロフィール

浅田先生インタビュー

浅田義正先生プロフィール

医療法人 浅田レディースクリニック 理事長。医学博士。日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医。日本生殖医学会認定生殖医療専門医。

WEB:浅田レディースクリニック


AMHは治療のステップアップのスピードを知るための指標となる

――卵巣年齢(AMH※1)は、どれくらいのスパンで測ればよいのでしょうか?

浅田義正先生(以下、浅田先生): 最初に異常値が出た場合は3ヶ月くらいのスパンで測るのがいいと思います。異常値ではなく、おおまかに知っておきたい場合は1年に1回でもよいですが、治療方針を決める必要がある場合は半年に1回くらいのペースで測ることもあります。

最初に測って、卵がたくさんあれば、安心してゆっくり治療を進めればいいですし、極端に少ない場合は、ゆっくりしていたら卵がなくなってしまう可能性がありますから、治療をペースアップする必要があります。

体外受精で採れる卵の数と、AMHの値は比例するので、一回目の治療で採れる卵の数が少なければ、早めに卵を採って保存しておいた方がいいときもあります。いずれにせよ、治療のステップアップのスピードを知るためにも、AMHの値は測っておく必要があるんです。


卵巣年齢が高くなる原因はまだわかっていない

浅田先生インタビュー

――卵巣年齢が高くなる(卵の在庫が少なくなる)原因はなんなのでしょうか?

浅田先生: 卵の数は年齢とともに減っていく傾向にあります。ですが、同じ年齢でも、卵の在庫の数は個人差が大きいです。20代でも40代の人と同じくらいの卵の数しかない人もいます。また、20代後半や30台前半で閉経する人も100人に1人はいるんです。じゃあ、なぜそういう人たちがいるのか、というと……理由は、まだわかっていません。

AMHはまだまだ調べ尽くされていないホルモンです。現状は卵の数を測る指標になっていますが、ほかの役割を担っている可能性もありますから、今後の解明に期待したいところです。


――卵の数はどういったスピードで減っていくのでしょうか?

浅田先生: 卵の数が減るスピードにも個人差があるのですが、ひとつ言えることは、「卵の数が多い人は早く減り、少ない人はゆっくり減る」ということです。

AMHの値だけを見て、閉経が早いかどうかを調べたデータがあるのですが、卵の数が多い人上位5%と下位5%を比較したんです。そしたら、上位5%と下位5%では、閉経の年齢は6歳くらい(±3歳)しか違わなかったんです。最初は卵の数に差があるので、同じペースで卵の数が減っていった場合、5年、10年の差が出るはずですが、そうはならなかった。閉経までの時間は差が少なかったんです。

そこから、「卵の数が多い人は早く減り、少ない人はゆっくり減る」ということが分かったのです。


医学的エビデンスのない努力をするより、正しい知識を身につけよう!

――卵の数が減るスピードを遅らせる方法はあるのでしょうか? カフェインを摂らない方がいいと聞いたことがあるのですが……。

浅田先生: コーヒーで差が出るなら、アメリカと日本で卵の数に差があるはずじゃないですか?(笑) でも実際はそうはなっていない。あまり関係ないと思いますよ。と、言いますか、関係は少しはあるかもしれませんが、そんな大きな影響はないと思います。

卵の数に限らず、不妊治療が停滞しはじめると、「あれができるんじゃないか」「これをした方がいいんじゃないか」と色々試してみたくなる気持ちは理解できます。でも、世間で言われていることの多くは、医学的エビデンスのないことだったりするんです。現状、卵の数が減るスピードを遅らせるためには絶対これをした方がいい! と言い切れる方法はありません。

できることは全てやりたい、という気持ちはわかりますが、神経質に気にしてストレスになるくらいなら、しない方がいい努力もあるんじゃないか、と思います。まず大切なことは、医学的エビデンスのない努力をするよりも、自分の体について正しい知識を知ること、なんじゃないかと思います。



――本日は貴重なお話、ありがとうございました!


本記事を読んで、「自分の卵巣年齢ってどれくらいなんだろう」と気になった方は、病院で一度チエックしてみてはいかがでしょうか? 卵の数がどれくらい残っているのかを知ることは、妊活・不妊治療についての知識を深め、治療のペースを考える一歩となります。

「卵巣年齢は気になるけど、病院に行くのはハードルが高い」という方は、自宅でできる検査キットを使う、というのも一案です。



※1 AMHとは
AMHはアンチミューラリアンホルモンの略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンのこと。AMHの値は、卵巣内にどれくらいの卵の数が残っているかを反映する。ただし、AMHの数値が表すのはあくまでも卵の在庫の目安であり、卵の質とは関係がない。

AMHは病院で調べることができるほか、検査キットを使うことで、自宅で簡単に調べることも可能。


関連記事

浅田先生インタビュー①「卵子の老化」「卵子の数」についての誤解とは?

浅田先生インタビュー②「卵巣年齢と実年齢」それぞれ何歳まで妊娠できますか?

浅田先生インタビュー③「卵子の数が減る」のを遅らせる方法ってありますか?


浅田先生の著書

最新著書: 『女の子が知っておきたい卵子のハナシ。』
女の子が知っておきたい卵子のハナシ。


不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」

名医が教える最短で授かる不妊治療


浅田レディースINFO

浅田レディース品川クリニック

浅田レディース名古屋駅前クリニック

浅田レディース勝川クリニック

  • 今来 今 (フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag