女性顔

ピーンと張っていた肌がいつのまにか…年々気になる、たるみ、シワ、シミ、くすみにどう対抗する?!

  • 更新日:2019/12/29

 肌がたるむと、毛穴やほうれい線が目立ってきます。あごや首周りのたるみも気になります。数年前、5cmは上にあがっていたのにと、鏡の前でため息をつくこともしばしば…。また、額や目尻のシワ、シミやそばかす、くすみも気になり始めます。特に、顔は少しのたるみやシワも気になる部位。年齢を如実に感じる部分でもあるので、更年期の女性にとっては深刻な悩みです。年を重ねれば肌が老化するのは仕方がないこと。でも諦めたらそこでおしまい……。できるケアを効果的にしていくには、どうしたらよいかを考えましょう。


エストロゲンの減少と線維組織の減少、皮脂腺の働き低下が原因

中年女性

 更年期になると、肌そのものの老化とエストロゲンの減少という2つの原因が重なってたるみ、シワ、シミ、くすみ、肌の乾燥などの肌トラブルが起こってきます。


女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、皮膚の弾性を保つコラーゲンやエラスチンという線維組織の量を保つ働きをしています。

 更年期に、エストロゲンが減少すると、コラーゲンやエラスチンという線維量が減少します。


 コラーゲンやエラスチンは、皮膚の繊維組織を構成していて、網の目のように張り巡らされ、肌の張りを保っているのです。これらが少なくなると、肌のうるおい、弾力、つやがなくなり、たるみやシワができやすくなってしまいます。


 さらに、肌の潤いを保つ脂肪や水分を呼吸する皮脂腺の働きも低下します。その結果、シワやたるみ、肌の乾燥などが生じてくるのです。


エストロゲンの減少は、シミの原因メラニン色素も増加させます!

シミの原因

 肌のシミやくすみも、エストロゲン低下の影響が大です。卵巣の寿命に従って、卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンが低下します。すると、脳の下垂体、視床下部がエストロゲンの低下を察知して、エストロゲンを出させようとして、性腺刺激ホルモンを分泌されます。


 このような状況から、近くにあるメラノサイト刺激ホルモンにも影響を与え、メラニン色素を分泌する指令が出てしまいます。メラニン色素は、シミをつくる原因となる成分です。

「卵巣機能の低下 →エストロゲンの低下 →性腺刺激ホルモンの増加 →メラニン色素の増加」という流れをつくり、シミが増えてしまうのです。

 紫外線対策をしても出てしまうシミは、エストロゲンの低下が原因のことが多いのです。


また、頬や目の周り、額などに薄茶色から褐色の色素沈着=シミが起こりやすくなります。これらのシミのいちばんの原因は紫外線です。

 紫外線を浴びるたびに、シミが増えたり、色が濃くなってくるのです。紫外線は、肌老化につながるので、紫外線対策はくれぐれも怠りなく。


腎臓や肝臓の病気からくる肌トラブルもあるのでご用心

皮膚科

 皮膚の乾燥とかゆみは、内臓の病気でも生じます。皮膚乾燥症状が強い場合には、皮膚科に相談しましょう。

 膠原病、甲状腺の病気、腎臓病や糖尿病、肝臓の病気などでも起こる場合があるので、気になる症状があったら受診して、病気がないかを確認しましょう。


 更年期に現れる皮膚のトラブルは、加齢による皮膚組織の変化が深く関係しているため予防やケアで年齢に抗うことは難しいです。けれども、何もしなければ肌の衰えは進行するばかり。健康な肌を保つには、若いときより努力と手間がかかります。


 スキンケアは、まず保湿が大切。顔も体もそれぞれの部位に合った保湿ケアを行って乾燥を防ぎます。

 熱いお湯に長くつからない、お風呂から出たらすぐに保湿をするなど、入浴の仕方にも工夫が必要です。

 

 また、肌のためにも、体のコンディションを整えて、ストレスをためないことも大事です。

 睡眠を十分にとって、バランスの良い食事を心がけるなど、当たり前と思うかもしれませんが、規則正しい生活を基本にすることが更年期以降はさらに、肌にとって大切になります。若いときより、体の中の状態が、肌に現れやすくなります。体の内側から、健康な肌づくりに取り組むことが大切です。


肌老化予防に忘れてはならない、紫外線ケア

紫外線ケア

 肌をしっかりガードします。紫外線や寒風にさらされるのも、肌の老化を早める一因になります。


 帽子や日傘、紫外線予防効果のあるUVケアの化粧品を上手に利用しましょう。紫外線は、日陰や室内にも届いています。

 また、晴れた日ばかりではなく、雨の日や曇りの日も降り注いでいるので注意します。タバコも肌老化を早めます。禁煙に努めましょう。


ビタミンCを1日1500㎎以上摂る

ビタミンC

 バランスの良い食事を摂ることで、肌にも必要な栄養素が取り入れられます。


 新陳代謝を高め、細胞の酸化を防ぐために、食事やサプリメントなどでビタミンCを摂ることも一定のエビデンスがあります。ビタミンCは、1日1500㎎は摂るといいと言われています。

 ビタミンCは、ブロッコリー、芽キャベツなどにも多く含まれています。

 ビタミンΒ、カロテンは、紫外線で発生した活性酸素を早く消去する作用があると言われています。かぼちゃ、小松菜、春菊、人参、ほうれん草などにも含まれています。

 ビタミンEは、皮膚細胞膜の酸化を防ぐ働きがあります。かぼちゃ、うなぎ、ピーナッツなど似も含まれています。


 また、タンパク質は、新しい皮膚組織をつくるためにも大切。魚、大豆製品(豆腐、納豆)、ヨーグルト、チーズなどで摂りましょう。

 ビタミンAは、皮膚の形成を促すと言われています。レバー、小松菜、人参などが代表的。


女性ホルモンでは解消できないが予防としてストレスケアを

ストレスケア

ホルモン補充療法(HRT)を受けている女性は、シワやたるみといった肌のトラブルが少なく、肌の張りとうるおいが持続すると言われています。しかし、肌の老化予防だけを目的としたホルモン補充療法は行われていません。


 また、シミや黒ずみを女性ホルモンの補充で解消するのは難しいと言われています。低用量ピルやエストロゲン剤で女性ホルモンを補充すると、性腺刺激ホルモンを活性化させてしまい、メラニンをかえって増加させてしまう可能性もあります。


 肌の乾燥や肌トラブルだけでなく、ほかにも更年期生涯の症状がある場合は、更年期症状の予防のために、ホルモン補充療法を行うことは可能です。

 肌の乾燥やトラブルを遅らせ、予防することにもつながります。逆に、重いストレスや疲れは、卵巣機能を低下させ、更年期症状を強くすることもあります。ストレス解消のためのケアは、肌のためにも大切です。



▼バックナンバー

・乾燥、かさつき、かゆみ、こんなことなかったのに…。今までと違う更年期の肌対策


・口が乾く、舌が痛い…、ドライマウスは更年期から急増!シェーグレンとの見極めが大事


・エストロゲンの減少で、目のうるおいが低下。ドライアイや目疲れ、老眼も更年期に進む!


・経験したことのない手先足先のしびれ!更年期症状だけではありません


・更年期に増える頑固な肩こり、首こり。突然起こる腰痛、背中痛に悩んでいませんか?


  • 増田 美加 (女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag