人生崖っぷち母ちゃん

婚活と妊活を同時進行!?今どきのアラフォー婚活事情

  • 更新日:2020/07/06
マンガ

卵活に婚活、同時進行はもはや当たり前

35歳までに結婚ができなかったら、卵子凍結する


未婚で卵子凍結!?とある女性のツイ―トに、私の指がはたと止まった。


まだ30代前半。現在婚活中で先を見据えたパートナーはまだいない。先を急ぎすぎでは!?


彼女のつぶやきに違和感を覚えたが、「私もそうする」「私も考えていた」「興味あるから、その話をもっと教えて❤」と彼女のつぶやきに賛同する多くの声……。


他にもこんな声が……


「ご主人の健康保険証をご提出ください」私、絶賛婚活中で夫なんていないんですけど!

結婚相談所では、お相手が40代の場合「卵子凍結はされていますか?」という質問を受けるようになりました。婚活よりもまず先に、卵活の方に投資すべきだと思います。


出てくる出てくる卵活の声。婚活中に卵子凍結をすることが今はあたり前の時代になってしまったのか!?


こんにちは、赤星ポテ子です。不妊治療を経て、待望の男の子を一人を授かりました。

卵子凍結の経験はないものの、採卵や受精卵の凍結保存など、卵子凍結に必要なプロセスは一通り経験してきました。

経験者として、卵子凍結について今回はお話したいと思います。


未婚女性が卵子凍結できるようになったのはつい最近

卵子凍結は、放射線治療で不妊になる可能性が高いガン患者に限って実施されていましたが、2013年に入り、日本生殖医学会によって健康な未婚女性でも、将来に備えて卵子凍結をおこなうことが認められるように。

2015年には千葉県浦安市が卵子凍結費用の助成(※)を負担する少子化対策を打ち出した。(2018年に終了)

その影響もあってか、将来子どもを持ちたい未婚女性にとって卵子提供はいつかのときのための「お守り」代わりとなった。


代理婚活、卵子凍結費用は親からの援助…。娘の活動に口を挟む親たち

就活、婚活、卵活、妊活…。


主体的に取り組まないと、親世代が思い描く人生のレールには乗っかれない。

活動が同時進行なんて、もはや当たり前レベル。張り切り過ぎぐらいが丁度いい。


今を生きる女性は忙しい。


だからなのだろうか、娘の代わりに活動をサポートする親が増えているようだ。


子どもに変わって、親が結婚相手を探す「代理婚活」。

パートナーがいない娘に卵子提供を勧め負担を申し出る親。


母親から卵子凍結費用をプレゼントしてもらった

卵子凍結がガン患者以外にも開放され、1~2年経った頃。卵子凍結をした独身女性と一度お話する機会があった。


「今のところお相手もいないが、子どもは欲しいので、運命の相手に出会ったときのために、1日でも早い卵子の凍結を決めました。」


「費用は負担してあげるから、若い今のうちにやっておきなさい」

きっかけは、卵子凍結をテレビで知った母親からの勧めだったという。


卵子凍結のメリット・デメリット

未婚女性の間では、輝かしい面ばかりがフォーカスされがちな卵子凍結。

メリット

●凍結時の年齢の卵子を保存することができる

●出産時期をコントロールできる

●パートナーがいなくても治療をおこなえる


デメリット

●卵子凍結は不妊治療とは違い、助成金がもらえない

●凍結した卵子が妊娠できるとも限らない

●冷凍卵子の保存料が毎年かかる

●受精卵を凍結した場合に比べ卵子凍結は、解凍率が下がる。


卵子凍結は子どもを望む女性たちとって、確実な妊娠を約束する魔法の杖ではない。

卵子凍結を経験した女性が「お守り代わり」と何度も私に言っていたように、凍結卵子は「お守り」なのだ。


メリットだけにフォーカスするのでなく、デメリットも把握した上で行って欲しいと私は切に思う。



▷▷連載を1話から読む

#1『ポチャッと小太り赤星ポテ子です』


▷▷人生崖っぷち母ちゃん|バックナンバー

#28『赤ちゃん見るのが辛い(泣)友達の出産祝、行くべきか 行かざるべきか』


#29『妊活の友情はもろくて儚い!?』


#30『二人目不妊の私が息子に「兄弟欲しい!」と言われた』


#31『不妊治療のやめ時を決断することは、はじめるより辛い決断』


#32『不妊治療クリニックの「防災対策」』



▼赤星ポテ子さんの作品はコチラ!▼


  • 赤星ポテ子 (イラストレーター&漫画家)

    武蔵野美術大学卒。不妊治療を経て一児の母に。いつか息子と海外移住できることを夢みている。 著者「ベビ待ちバイブル」「子どもにちゃんと伝わるお金の「しつけ」」(共著)など

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag