プレスリリースアトピーアレルギー

資生堂がアトピー・アレルギーに悩む人に向けた情報ページ開設

  • 更新日:2019/11/28

 激しいかゆみを引き起こすアトピーやアレルギー。皮膚科で薬を処方してもらうことによって一時的に症状が良くなったとしても、根本から治すことができないのが悲しいですよね。

 株式会社資生堂(以下資生堂)は、そんなアトピーやアレルギーなどの肌トラブルに悩む人に向けた情報ページ「1000の真実」を開設。今回は、その中で実施されたアンケート調査をご紹介します!


肌トラブルの悩みは「アレルギー」が男性、「アトピー」が女性に多い

 まず、アトピーやアレルギーで悩んでいる人の割合を調査した結果を見てみましょう。


アトピー・アレルギー

 アトピー、アレルギーで悩んでいる人の割合は、「顔」の罹患では、「アレルギー性皮膚炎」は「男性」(67.6%)が「女性」(64.1%)より3.5ポイント高い一方、「アトピー性皮膚炎」では、男性(71.6%〉に対し、女性(76.9%)の方が5.3ポイント高い結果となりました。

 比較すると、男性は「アレルギー性皮膚炎」、女性は「アトピー性皮膚炎」で悩む割合が高いことがわかります。


肌トラブルで悩む期間は「5年以上」が最も多く、特に女性の割合が高い

 続いて、肌トラブルに悩んでいる期間を聞いた結果がこちら。


アトピー・アレルギー

「5年以上」(アトピー:78.6%、アレルギー:59.3%)と回答した人が最も多く、アトピー、アレルギーともに長期間苦しむ人が多い実態が明らかに。

 性別で見ても、アトピーの悩みが「5年以上」は、「男性」(78.1%)、「女性」(79.2%)と、どちらも高い割合となっています。また、アレルギーの悩みが「5年以上」では、「男性」(55.6%)、「女性」(61.8%)となり、どちらも女性の方が長く悩む割合がやや高いようです。特に「アトピー性皮膚炎で5年以上悩んでいる女性」は約8割と、とても多いことがわかりました。


肌トラブルの悩み1位は繰り返す「再発」

 次は、アトピーやアレルギーといった肌トラブルに関するお悩み。気になるお悩み第一位は……?


アトピー・アレルギー

 1位は「一度治ってもまた再発を繰り返している」(88.8%)で、約9割という結果に。3位も「いったん治っても良い状態が続かない」(75.1%)と、「再発」が大きな悩みであるようです。家でのスキンケアや薬との付き合い方など、皮膚科通院後のよい状態を保つことが課題と言えそうですね。

 また、5位「信頼できる情報の取捨選択が難しい」(69.6%)など、膨大な情報の中、信頼できる情報を探すのに苦心している様子もうかがえました。


花粉や乾燥など要因はたくさん! 肌トラブル多発の季節は?

 春・秋は花粉、夏は紫外線や汗、冬は乾燥と、一年中肌トラブルを引き起こす要因はたくさんありますが、アトピーやアレルギー持ちの方にとって、最も肌トラブルを感じる季節とはいつなのでしょうか?


アトピー・アレルギー

 肌トラブルを最も感じる季節は、「夏」(33.2%)、「冬」(31.1%)が3割超え。夏の肌トラブルの原因としては「汗」(87.2%)、暑さ(74.3%)、紫外線(29.4%)が多い結果となりました。対して、冬の肌トラブルの原因として最も多くあげられたのは、「乾燥」(86.7%)という結果に。3位「春」(25.3%)は、「花粉」(76.2%)が要因のアレルギー性皮膚炎が増える季節であることがわかります。秋は肌トラブルの要因が少なく、四季の中で最も肌が安定する季節のようです。


 しかし、今回の調査結果で最も多かったのはなんと「1年中変わらない」でした。季節を問わずに肌トラブルに悩む人は約半数もいるようです[図8.9]。


アトピー・アレルギー

 筆者も子どもの頃からのアトピー持ち。肌がかゆくて夜中に目が覚めてしまうこともありますし、一時的に良くなってもすぐ再発するためげんなりします。そう考えると、アトピーやアレルギーというのはそれだけでQOLが低下してしまう一因にもなりえますよね。

 根本的に治すことは現状難しいですが、皮膚科に通院すること以外だと、症状が悪化した時のために、また悪化させないためにも、正しい情報を身につけておくことは必要です。今回の調査でも、膨大なネットの情報の中から正しい情報を得ることが難しいと感じている人が多いことが分かりました。そういった方は、今回ご紹介した「1000の真実」のような、完全にアトピーやアレルギーなどに悩む人に向けたツールを使ってみると良いかもしれませんね。



【参考】

株式会社資生堂

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag