悩む女性

更年期の性交痛は、腟にうるおいがなくなることで起こります!

  • 更新日:2019/10/07

 更年期になると、セックスのときに痛みを感じやすくなる人が増えていきます。小陰唇が周りにペタッと、くっついた感じになり、乾燥して痛くなって不快です。口、鼻、目の粘膜と同じで、腟や外性器周りの粘膜が乾燥することで痛みや不快を感じます。性病でないかと悩んだり、セックスを負担に感じてしまう女性も……。我慢せず、対策を考えましょう。


更年期には腟や性器が変化!

更年期

 女性ホルモンのエストロゲンには、肌のハリやみずみずしさを保つ作用があります。

 しかし、更年期になってエストロゲンが減少すると、皮膚が萎縮して乾いた状態になります。皮膚と同様、腟やその周囲の外性器にも同じようなことが起こります。

 加齢による細胞の衰えに加えて、エストロゲンの低下で皮膚や粘膜が薄くなるのです。


 本来、性的に興奮すると、腟の壁から分泌液が出て腟を潤しますが、この分泌液も減ってきます。すると、腟内部も乾いた状態になります。

 さらに、個人差はありますが、大陰唇や小陰唇といった外性器が徐々にしぼみ、薄く小さくなる傾向もあります。


腟の乾燥、萎縮に伴って症状が現れます

中年女性

 こういった女性ホルモンの低下による変化によって、腟の乾燥、かゆみ、性交時に痛みを感じるようになります。

 

 外性器(大陰唇、小陰唇)の皮膚が薄くなり、粘膜も弱くなるため、下着で擦れたり性交時の刺激などでも、すぐに傷ついて出血するといったトラブルも見られます。程度の差はありますが、これらは更年期以降の女性なら、多くの人に起こる症状です。


プレ更年期にも起こる粘膜のうるおいの低下

うるおいの低下

 このような腟や外性器の乾燥は、きつい下着で外陰部を締めつけたり、おりものシートで擦れることで起こることもあります。歩いたり、立ったり座ったりしても、擦れて痛いのです。


 プレ更年期の場合も、女性ホルモンの低下が原因である場合がほとんど。女性ホルモンは、粘膜をふっくらさせるだけでなく、子宮の頸管粘液を分泌させる働きがあります。


 女性ホルモンが豊富に出ているときは、子宮頸管粘液の分泌も活発ですが、女性ホルモンの分泌が低下すると、子宮頸管粘液も少なくなります。すると、腟も乾燥して痛みが生じやすくなるのです。


 正常な生理周期のときに、女性ホルモンの分泌が増えるのは、なんといっても卵巣から卵を出す排卵時です。また、生理前にも女性ホルモンの量は増えます。その時期は粘膜もうるおいがあって、ふっくら。


 ところが、プレ更年期で女性ホルモンの分泌が低下すると、排卵が徐々になくなり、生理前のPMSの時期に胸が張らなくなるなどの自覚症状を感じます。すると、腟の粘膜にうるおいがなくなり、乾燥して、痛みを感じる人もいるのです。


 粘膜が弱く、薄くなり、湿り気がなくなると、子宮からの分泌物がなくなり乾燥します。粘膜は、湿り気があることで、ふっくらしていて、ばい菌の感染から守る働きもあります。湿り気がなくなると、粘膜は傷つきややすく、外からの細菌が侵入しやすくなります。


乾きを防ぐアイテムはいろいろ ゼリーを上手に活用して

しいたけの中華麺

 腟のうるおいを補充してくれるゼリーが売られています。女性ホルモンは入っていませんが、腟などの粘膜の湿り気、うるおい補充を目的としたゼリーです。


 一般社団法人日本家族計画協会で売っています。また、産婦人科でも手に入ります。つらい人は試してみてください。


 性交時の潤滑ゼリーとして使いますが、性交時でなくても、痛みなどの症状軽減のためにも使用できます。

 腟の乾燥は、恥ずかしくて婦人科に相談しにくいという方も少なくありません。乾いて、張り付いて気持ち悪いというのは、とても言いにくいことです。でも、緩和できる方法あると知っていれば、気持ちが楽になるのではないかと思います。


婦人科ではホルモン補充療法や漢方薬で治療

しいたけの中華麺

 つらい症状は我慢せずに婦人科を受診しましょう。婦人科では、ホルモン補充療法(HRT)や漢方薬で治療します。

 腟の乾燥以外にほかの更年期の症状がなく、症状がひとつに限られている場合は、内服薬以外に腟座薬が用いられることもあります。

 

 数日使うことで、腟の入り口や粘膜に潤いが出て、性交時の挿入がスムーズになり、痛みを感じなくて済みこともあると言われています。

 ただし、感染による腟炎の場合は、ほかの薬が使われます。



▼バックナンバー

・頻尿でトイレが近い、つい漏れてしまう…こんなこと増えていませんか?


・息苦しくて、動悸がする、これって心臓の病気? どこを受診すればいいの?


・プレ更年期・更年期世代の腹痛、おなかの張り


・更年期に多いめまいと耳鳴りにどう対処する?


・頭痛がする、頭が重い…これも更年期?原因は?


  • 増田 美加 (女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag