プレスリリース現代人のストレス耐性

日々強いストレスを感じている人は2割も!現代人のストレス耐性

  • 更新日:2019/08/09

 仕事に家事に、何気なく毎日を過ごしているつもりでも、ついて回るのが“ストレス”ですよね。もちろん人によってストレスの強弱は違うと思いますが、まったくストレスを感じないという人のほうが少数派ではないでしょうか。

 今回はマイボイスコム株式会社(以下、マイボイスコム)が実施した調査から、現代人のストレス耐性やストレス解消法をご紹介していきます!


日常生活を送る上で、なんらかのストレスを感じている人は3人に2人

 まず、「日ごろ、どのくらいストレスを感じていますか?」という質問では、以下のような結果が出ています。


日頃なんらかのストレスを感じている人は3人に2人

 「とてもストレスを感じている」「ややストレスを感じている」を合計すると、ストレスを感じている人は7割弱存在することが分かります。さらに、男女別で見たところ、女性の方が比率が高かったようで、女性の10~30代ではそれぞれで8割ほどストレスを感じているということが分かりました。対して、他の層と比べて最も低かったのは男性の60・70代で4割強という結果に。


男性は仕事に関して、女性は家庭や育児に関してストレス

男性と女性のストレスを感じる状況の違い

 続いては、ストレスを感じる状況について。世代や性別などによってストレスを感じる場面に違いが生じることが考えられますが、実際どんな状況下でストレスを感じているのでしょうか?


 男女含めて最も多かったのは「仕事内容・労働環境など」で37.8%でした。次いで「金銭面」「職場の人間関係」「病気やケガ、健康・体力面」「将来への不安」が各20%台だったようです。

 では、性別や年代別で見てみるとどうなるかというと、働き盛りの男性30~50代は「仕事内容・労働環境など」「職場の人間関係」で他の層と比べても比率が高いことが分かっています。反対に女性で最も高かったのは「炊事・洗濯・掃除などの日常の家事」「やりたくないことや、負担に感じること」。特に仕事や家事、育児などで忙しい30・40代女性は「子育て・子どもの教育」が高いという結果となりました。


ストレスによる身体症状は……?

 続いて、ストレスを感じた時に身体に生じる症状を複数回答で聞いたところ、以下のような結果に。

 「いらいらしやすくなる」が39.6%で最多、「気力がなくなる、元気がなくなる」「眠れない・眠りが浅い」「胃痛、胃もたれ」が各2割見られました。さらに、「食べ過ぎ、過食」「いらいらしやすくなる」「気力がなくなる、元気がなくなる」「情緒不安定」「頭痛やめまい」といった項目は、女性の比率が高く出ていました。


ストレスの対処方法

 ストレスの対処方法としては、「寝る」が26.9%、「好きなものを食べる」「お酒を飲む」「お茶やコーヒーなど飲み物を飲む」「ボーっとする」「趣味に集中・没頭する」「ひとりで過ごす時間をつくる」などが1割強~2割の割合で確認されています。

 同じ男性でも10~30代では「寝る」「インターネットをする」が上位2位なのに対し、男性40~70代では「寝る」「お酒を飲む」が上位2位にランクイン。2位の項目を比べると、世代の違いを感じますね。

 対して、女性では「好きなものを食べる」の比率が高くなっていました。


「ストレス耐性があると思う」人は年々減少傾向に

 続いて行った、自分に「ストレス耐性があると思うか」という質問では、以下のような結果となりました。マイボイスコムが2010年に行った第4回目のストレスに関する調査から、今回の第7回目の調査までを比較すると興味深い事実が分かりますよ。


ストレス耐性があると思う人は年々減少傾向に

 第4回目である2010年の調査では、ストレスに対して耐性があると思う人は65%ほど見られたのに対し、今回の調査では6割にも満たないという結果に。特に60・70代で耐性があると思う人の数値が高く出ていたのだそう。

 対して、30代では5割弱と他の世代と比べても低い傾向にあったようで、顕著な差こそ出ているわけではありませんが、この9年で少しずつ皆さんがご自身に対して抱くストレス耐性の認識が変わりつつあるようです。


 では、ここまでで何らかのストレスを抱えている人が多いことが分かりましたが、そのストレスの発散・解消はできているのでしょうか?


ストレスの発散ができている人は4割強

 ストレスの発散・解消ができていると思う人は「できている」と「まあできている」を合わせて4割強。反対に、発散できていないと思う人は約25%という結果に。特に男性40代では35%、とてもストレスを感じている層では6割弱の人がストレスを発散・解消できていないと感じていることが分かりました。


回答者に聞いた、役に立ったストレス解消法

役に立ったストレス解消法

・嫌なことを考えないようにして、のんびりと時間を過ごすこと。(男性16歳)

・映画などの作品で感動したら、その後はしばらくずっと充実感で一杯になるので、ストレスの解消にはなったのかも。DVDやBlu-rayでも良いけど、映画館で観る方がより感動度合いが強かった気がする。(男性25歳)

・ダラダラ過ごすことも好きだが、計画を立てて一日中外に出ているほうが充実感があった。計画を立ててクリアして行くことが達成感になりストレス解消になった気がする。(男性33歳)

・ウォーキングなど、身体を動かす。家の中では掃除など心がける。(男性73歳)

・シャボン玉を吹く!バカっぽいけど楽しい気持ちになれた。(女性27歳)

・とにかく嫌なことを忘れたかったので、笑えるサイトを探してずっと笑っていたらかなりスッキリした。(女性40歳)

・カラオケで、大きな声を出す。へとへとになるまで体を動かす。(女性48歳)

・とことん、その問題について考え抜く。そのうち飽きてどうでも良くなる。(女性62歳)



 「映画館で映画を観る」「カラオケに行く」などは、筆者にも心あたりのあるストレス解消法でした。良い作品を映画館の大画面で観て感動した時ほど、日頃のストレスを忘れてしまえる瞬間ってなかなかないですよね。ストレス解消法も人それぞれだと思うので、ご自身に合った解消法を見つけることが理想ですよね。



参考

マイボイスコム株式会社

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag