生理痛

生理痛に悩むときのセルフケア ポイントはゆるめる、ゆるめる

  • 更新日:2019/07/21

 ひどい生理痛は、婦人科を受診することが大切です。ちょっとした生理痛なら、セルフケアも大切です。ポイントは、骨盤周りを冷やさない対策です。血行をよくして、リラックスして体をゆるめること。痛みを誘発する食事は、控えることです。生理痛をうまく乗り越えるためのセルフケアのコツをお伝えします。


生理痛が起こるのは、痛みの伝達物質が発生するから

生理痛が起こる理由

 私たち女性の体は、毎月毎月、妊娠の準備のために、子宮の内側にある子宮内膜を厚くします。でも、妊娠しないと子宮内膜から分泌される、痛み物質であるプロスタグランジンの働きで子宮が収縮します。

 不要になった子宮内膜がはがれて、生理となって排出されるのです。この痛み物質プロスタグランジンが多く発生すると、末梢神経を刺激して生理痛が起こります。


 生理痛は、自然の摂理です。でも毎月、鎮痛剤を飲むほど痛いのは、何か病気が隠れている可能性が考えられます。本来生理は、日常生活に支障が出るほど痛いものではないのです。

痛みは我慢しないで、婦人科を受診してください。


腰周りを温める工夫を忘れずに

腰を温める

 生理痛を軽減するためには、痛いときには、冷やさないことです。自分では冷えていないと思っていても、実は冷えているのが腰周り。


 おへその上と下を手で触ってみましょう! 上と下で温度が違っていたら、冷えている可能性ありです。

特に夏は、冷房で冷えてしまいます。油断禁物です。汗をかいたあと、濡れた下着で強い冷房の部屋で仕事するときは、特に冷えます。下着は濡れたままにせず、着替えたり、お腹周りにタオルハンカチを1枚入れたり、工夫しましょう。

強い冷房の部屋では、下着やカイロの工夫で、仕事中もケアしてください。


生理痛のときのツボは「三陰交(さんいんこう)」

三陰交

 生理痛のときは、「三陰交(さんいんこう)」のツボを押してみましょう。「三陰交」は、足の内側、くるぶしから指4本上にある骨のキワにあって、押すとズーンと重い感触があるところです。


 ひざを曲げて、左脚を開き床につける。右足のかかとを左脚の三陰交のツボにのせて押すと簡単に押せます。10秒ほど呼吸しながら、気持ちのいい程度に押します。反対側も忘れずに。


「関元(かいげん)」のツボは生理痛&冷えにも

関元

 「開元(かいげん)」のツボは、おへそから指4本分くらい下にあります。

 生理痛や腰痛、冷えにも効くと言われています。5本指でゆっくりと弱く押します。決して、強く押さないよう注意してください。気持ちのいい程度に押すことが大切です。


リラックスで緊張をゆるめると、生理痛、PMSにも

リラックス

 骨盤をゆるめるストレッチもおすすめです。生理痛がある人は、骨盤周りが冷えて固まっていることが多いので、ゆるめてあげましょう。


●骨盤をひねってひねって

あお向けに寝て、両ひざを揃えて立てます。

両腕は、少し開いて床にだらりと。

両脚のひざをつけたまま、左右にゆっくりひざを倒します。骨盤からひねっているのを意識して行います。


●太もものつけ根を圧迫

あお向け寝で、両ひざを手で抱えて、太ももを胸に引き寄せます。

太もものつけ根(そけい部)が圧迫されるのを感じたらゆるめます。

これをくり返します。骨盤内の血行がよくなるストレッチです。


リラックスして心がゆるむと、体がゆるんで、その結果、痛みも減ります。いずれも5~6回、気持ちのいい程度にくり返します。


脳をゆるめる香りのアプローチも

香りのアプローチ

 香りは、脳におだやかな刺激を与えてくれて、リラックス効果があります。最近では、さまざまなアロマの香りの効果が研究されています。

 ラベンダー精油は、リラックス効果が。ブラックペッパーの精油は、血流アップの効果が研究で認められています。


 生理痛のときは、アロマオイルを使って、足裏やふくらはぎをもむようにマッサージして、末端の血流をよくしましょう。好きなアロマオイルを使うことでもリラックスし、血行もよくします。


チョコレートやカフェインはちょっと我慢

カフェイン

 痛みがつらいときは、冷たいものは避けて、カフェインレスのハーブティーなどを飲みましょう。


 チョコレートやカフェイン、赤ワインなどは、痛みを誘発しやすい食べ物と言われています。生理痛のときは、ちょっとだけ我慢しましょう。



▼バックナンバー

・疲れがとれず、すぐにだるくなる…更年期特有の疲れにどう対処する!?


・生理痛、痛いのは病気!?「病院に行くべき?」の見極め方教えます


・女性ホルモンのエストロゲンの不足が不調を招いていた!?


・更年期障害ってならない人もいるの? 症状は日によって変わるって本当?


・閉経に向けて、生理はどんなふうに変わっていくの?


  • 増田 美加 (女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag