ビューティー

【今月の美人野菜】 4月 スナップえんどう

 

こんにちは!野菜ソムリエ協会認定ベジフルビューティーアドバイザーの山口奈里子です。この季節になると空豆、絹ざや、グリーンピースなど豆類の緑黄色野菜が美味しくなって出回ります!

 

今月は、その中でもさやごと食べられてシャキシャキ感のたまらない『スナップえんどう』をPICK UPしてみました!

 

スナップえんどうはえんどう豆の一種。アメリカで生まれた品種で日本には1970年代に入ってきました。英語ではsnap=「ぽきっと折れる、パチっという音」bean=「豆」で、スナップビーンと呼ばれているそう。ちなみに、スナックえんどうとも呼ばれていますが、農林水産省は『スナップえんどう』に統一する、としています。4月~7月にかけて収穫されます。

 

最大の特徴は、肉厚でやわらかいさやと甘みのある実(豆)の両方を食べられること。栄養価はさやえんどうと似ています。

 

ビタミンC、βカロテン(=体内で必要に応じてビタミンAを生成)、ビタミンB群、カルシウム、カリウムなどがバランス良く含まれていて、美肌効果も抜群!体の成長や修復に関わる必須アミノ酸のリジンも含まれます。丸ごと食べられるので食物繊維もしっかりとれるのが嬉しい。

 

<<期待出来る効能>>

美肌・アンチエイジング、しみ・そばかす予防、粘膜を丈夫に、コラーゲン育成、利尿作用(むくみ解消)、疲労回復、風邪予防、便秘解消など

 

◎美味しいスナップえんどうの選び方◎

さや全体に実がつまっている感じの、ふっくらして色ツヤがよいものを選びましょう。

 

◎保存方法◎

保存袋に入れて、冷蔵庫で1~2日。美味しさと栄養価を逃さないために、なるべく早めに食べましょう。筋を取ってさっと固めにゆでて冷まし、しっかり水気を拭き取れば冷凍保存も。熱湯にさっとくぐらせて解凍を。

 

おすすめレシピ

ビタミンCは水に流されやすく熱に弱いので、加熱はなるべく短く!熱を入れすぎず、シャキシャキっとした食感を楽しんで♪10分で作れるお手軽レシピです。

 

■ スナップえんどうのトマトリゾット■

材料(2人分)
春玉ねぎ・・・1/2
ベーコン・・・2~3枚

水・・・400cc
コンソメ ・・・水に対する表示分量

スナップえんどう・・・8本
トマト・・・1/2個

塩・こしょう・・・適量
ごはん・・・200g

① 玉ねぎは粗いみじん切り、トマトは1.5センチ角のサイコロ状にカット。スナップえんどうは筋をとり半分にカット。

 

② 鍋に油を熱し、玉ねぎ・ベーコンをさっと炒める。

 

③ 水とコンソメを入れ一煮立ちさせる。

 

④ サイコロ状に切ったトマトとスナップえんどうを入れる。

 

⑤ ご飯を入れ軽くまぜ、塩こしょうで整え盛りつけて完成。

 

※お好みでチーズをふりかけてもGOOD!!

 

POINT

・ ごはんは温めておきましょう
・ スナップえんどうを煮すぎないように、④~⑤は全体で2分以内におさめて盛りつけて!

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ