ビューティー

春はデトックスの季節です! 後編

びはだ びよう 春はデトックスの季節です!前編

あなたはお肌に自信がありますか?「美しい肌になりたい!」そう願わない女子はきっといないはず。知っていると知らないとでは10年後の肌が違ってくる!知識と知恵を身につけて、美肌女子を目指しましょう。

 

春はデトックスの季節です!~食事編~

こんにちは、ビューティーアドバイザーの山口奈里子です。

 

季節の変わり目はお肌のコンディションも不安定・・・それは、冬の間の過酷な肌環境に加え、体が溜め込んできた老廃物や毒素のせいかも知れません。

 

『肌は内蔵を映し出す鏡』と言われています。

◎肌荒れは体内からのヘルプサイン
◎ 出すって大切!

 

というテーマをふまえて、前回に続き、今回は食事で出来るデトックスについてご紹介していきたいと思います。

 

★デトックスとは

デトックスとは「毒出し」のこと。つまり、体内に溜まった、毒素や老廃物を排出して、体内環境をキレイにしてあげることです。それは、美肌につながる栄養を吸収するためのベース作りでもあります。

 

私たちは毎日、食事をします。「食べる→消化する→栄養を吸収する」といった『代謝』という活動の結果、体内には不要なモノ=老廃物が生み出されてしまいます。

 

また、紫外線・ストレス・喫煙などが生み出す過剰な活性酸素や、普段の生活の中で環境ホルモンなどの化学物質も蓄積されていきます。

 

実は、こういった老廃物の約7割は便、約2割は尿から出る、とされているのです。『デトックス』と聞くと、半身浴とか、運動をするとか、様々な方法が思い浮かぶかも知れません。

 

ただ、根本的には、まず、「便秘をしない!」という事がとても効果的と言えます。

 

★デトックスとは、まず「便秘をしない」こと!

前編でも、便秘の怖さをお話しました。生理的なリズムでは、一日の中で、午前中がいちばん排出に傾く時間帯。ですので、「毎朝、出る!」のが理想です。食事から体内を美しくする方法をご紹介します。

 

朝、フルーツを食べましょう

「朝のフルーツは金!」と言われています。

朝、空腹の時に食べるのが最も効果的。消化が早いので、起きたての胃腸への負担が少なく、老廃物の排出を助けてくれる、水分・食物繊維・カリウムを豊富に含むものが多いです。

 

糖分やエネルギーも効率よく補給できるので、時間がない朝はバナナを朝食代わりにするのも◎。洗うだけでOKの苺や、ハーフカットで食べられるキウイフルーツなども、手軽でオススメ。朝以外も、デザートにするのではなく、一番最初に食べた方が理にかなっています。(外食では状況的に難しい場合もありますが・・・。)

 

食物繊維の多い食事を心がけましょう

食物繊維は、大腸内で善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。よく噛んで食べるものや満腹感がでるものが多く、食べ過ぎ防止にも。大きく2種類に分けられます。

 

不溶性食物繊維・・・水分を吸収してふくらみ腸を刺激し便通を促進、便をやわらかくしてカサを増します。→穀類、野菜、豆類など。

 

水溶性食物繊維・・・ヌルヌル、ネバネバ系。水分と混ざって便をやわらかくすべりやすくします。老廃物や有害物質を吸着して体外に排泄します。
→昆布、わかめ、こんにゃく、果物など

 

食物繊維が多い食品はたくさんありますが、バランスが大切。自律神経の乱れが原因の便秘の場合、腸が強く収縮しすぎて、不溶性食物繊維に偏ると逆効果になるとういケースも。

 

---では、バランス良く食物繊維を摂る方法とは???---

それはズバリ、昔ながらの「和食」を食べるのが手っ取り早い!

きんぴらごぼうや切り干し大根、お味噌汁にお漬け物・・・根菜、きのこ、海藻など自然とバランス良く食物繊維がとれる献立になります。

 

覚えておくと便利なのは
「ま・ご・わ・や・さ・し・い」
ま・・・まめ(豆類)
ご・・・ごま(ごま、ナッツ類)
わ・・・わかめ(海草類)
や・・・野菜
さ・・・魚
し・・・しいたけ(きのこ類)
い・・・いも(芋類)

 

このような食材をまんべんなく取り入れられれば、食物繊維だけでなく栄養バランスも向上。バランス食の合い言葉にしてみてくださいね!

 

水分をきちんと補給しましょう

けっこう見落としがちな、水分不足。せっかく繊維質な食物を摂っているのに、水分が足りなくて硬くなって便が出ない・・・というケースも実は多いのだそうです。良質な水をしっかり補給しましょう。尿の排出や便意を促します!

硬水はミネラル分がかなり豊富ですが、軟水育ちの日本人には体質的に合わない場合があるのであまりお勧めしません。お水は硬度300〜400くらいのものがよいでしょう。ミネラル分も適度に含まれています。

 

炭酸水も整腸作用、血行促進、筋肉の疲労回復などに役立ちます。私自身はペリエが好きで、良く飲んでいます。

 

1日に飲む量の目安は、体格・体質・体調や季節などによっても差があるので、「一日〇〇リットル!」を妄信せず、自分の体と相談してくださいね!

 

---1日に必要な水分量---

体重1kgあたり50ml

 

一日に飲むべき水分量=『体重〇〇kg×50ml−1.5リットル』

 

例)体重50kgの成人の場合
50kg×50mlで2500ml=2.5リットル
このうち食事や代謝から得られる水分が約1.5Lと言われているので、1日最低1Lの水分を飲む必要があるという事になります。

 

■■コレで美肌偏差値UP!■■

『デトックスとは、まず、便秘をしないこと』
・朝のフルーツは金!
・食物繊維をバランス良くとりましょう
・水分の補給をお忘れなく!

 

美しいお肌は腸内環境から。体内の老廃物をきちんと排出したうえで、必要な栄養を与えてあげることが、素肌美人への近道です!

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ