ビューティー

独身時代と産後を比較!スキンケアの時間は20分の1に!?

プレスリリース産後のスキンケア

 出産を機に女性を取り巻く環境は大きく変わります。子どものために割く時間が多くなる分、自分に使う時間がなくなるというのはよく聞く話ですが、「え、こんなところまで!?」と驚愕するような情報が飛び込んできました。

 今回は、株式会社ナリスアップコスメティックス(以下、ナリスアップコスメティックス)実施の「産後のスキンケア事情」に関する意識調査の結果をお届けします。


ストレスや睡眠不足などで、ママの“肌環境”は激変!

 まず調査では、独身時代と比べ自身の肌環境について変化を感じるかどうかを質問。その結果がこちらです。


画像1

 なんと、産後の肌環境に関して、89%が「感じる」と回答。その原因について聞いたところ、「ストレスを感じる時間が増えた」(85%)、「紫外線を浴びる時間が増えた」(72%)、「睡眠時間が減った」(71%)など、ママたちはさまざまな面で変化を感じているようです。


 そこで、これらの項目について独身時代と比べてどれくらい増えたか/減ったかを聞くと1日あたりの平均時間は下記のような結果となったのだそう。


■ストレスを感じる時間:平均約「3時間」増

■紫外線を浴びる時間:平均約「1時間21分」増

■睡眠時間:平均約「2時間6分」減


 ママになって1日の過ごし方が変わったことにより、肌をとりまく環境にも大きな変化が生じている様子がうかがえます。


独身時代と産後でスキンケアにかけられる時間が激変

独身時代は「5~10分」、産後はたったの「30秒」!?

 続いて、“肌環境”の変化のポイントを聞いたところ、「スキンケアにかける時間が減った」と回答したママは84%も。

 具体的にスキンケアにかける時間を「独身時代」と「産後」で比較しました。


画像2

 独身時代は「5~10分未満」が最多で、第2位は10~15分未満が続きます。そして、若干名ではありますが、中には30分以上という猛者も。


 対して産後の時間を見てみると、なんと一番多いのは「30秒未満」という結果に。こちらは約4人に1人があてはまります。


 それにしても30秒とは……。化粧水を付けるだけでタイムアップなのではないでしょうか? もしかしたら、オールインワンクリームなどを愛用されているママたちも多いのかもしれませんね。

 たった10分、されど10分。産後は独身時代と比べて、スキンケアのために時間を割くことさえ難しいというママたちの現状が見えてきました。


産後の肌悩みのトップ3は「乾燥」「シミ」「くすみ」

 こうした背景をふまえて、ママたちに出産前と比べて、肌そのものの変化を感じるか聞いたところ、実に85%が肌の変化を「感じる」と回答。また、「産後に気になりだした(またはより気になるようになった)肌の悩み」として、「乾燥」(69%)、「シミ」(65%)、「くす

み」(54%)がトップ3に。


 具体的な声としては、


「出産後、睡眠不足とストレスで肌が敏感になり荒れやすくなった」(39歳)

「出産後、頻繁に屋外に出るようになったが、日焼け対策をする時間も気力もないため、シミやそばかすが一気に増えた」(42歳)


などが挙がっています。


 また、「最も肌の変化を感じたタイミング」を聞くと、「産後1年以上後」(26%)、「産後2~3か月」(24%)、「産後1か月」(19%)などさまざまな回答があがっており、人によって肌の変化を自覚しやすいタイミングは異なるようです。


肌調子を整えたい時期から、スキンケアアイテムまでを質問!

ママの肌が元気になることで、家族にも良い影響が?

 続いて、現在5歳の子どもを持つママに「産後から現在までで、自分の肌の状態を再び整えたいと思った時期」を聞くと、「子どもが1歳のとき」(24%)、「産後半年」(15%)、「子どもが3歳のとき」(11%)などが多い結果となりました。


 また、この結果をふまえて、あらためてママ500名に「自分自身の肌が元気になる」ことでどのような影響があると思うかを質問。

 すると、88%が「毎日機嫌よくいられると思う」、91%が「自分に自信が持てると思う」と回答しました。さらに、「パートナーが喜んでくれると思う」(77%)、「子どもが喜んでくれると思う」(65%)と答えた人も多く、肌が元気になることは、ママ自身だけでなく家族の笑顔にもかかわると考える人が多いようです。


産後、スキンケアを「総入れ替え」した人は4人に1人!

 そして、産後に変化した肌の状態を再び整えるために、スキンケアアイテムの見直しをおこなうママも多い様子。


画像3

 実際に、出産後に肌の変化を感じたと答えたママに対して、スキンケアアイテムを変えたか質問したところ、24%が「全て変えた」、34%が「一部変えた」と回答しています。約6割ものママが出産後にスキンケアアイテムを変えており、約4人に1人がアイテムを総入れ替えしている現状が分かりました。


 そこで、「スキンケアアイテムを選ぶうえでの重視ポイント」を、「独身時代」と「現在」で分けて質問。その結果、「独身時代」は「肌質にあっていること」(67%)、「肌悩みに対応していること」(44%)がツートップに。対して、「現在」は「短時間でケアができること」(59%)、「価格が安いこと」(55%)がランクインしています。独身時代と出産後では、スキンケアアイテムを選ぶ基準も大きく変化しているようです。


ふきとり化粧水が忙しい毎日の時短に繋がるかも?

 このような産後の肌状態を再び整え、かつ時短でできるアイテムとして、ナリスアップ コスメティックスがおすすめするのが、角質拭き取り化粧水。


画像4

【商品名】「ネイチャーコンク 薬用 クリアローション」(医薬部外品)

【価格】オープン価格


 お肌をいたわりながら、やさしく古い角質を取りのぞき、角質ケアから保湿までしっかりできます。さらには毛穴汚れも落ちるため、朝の洗顔代わりに使うことも可能なのだそう。バタバタしがちなママたちの朝の時短にも役立ちます。



 いかがでしたか?

 筆者は、産後のスキンケアに割く時間がまさか30秒とは、かなり衝撃を受けました……。その他にも、出産を機にスキンケアアイテム選びのポイントが「価格の安さ」や「短時間でのケアができること」に変化するなど、独身時代とはかなり違いが見られるようです。

 産後のママはもちろん、多忙でスキンケアに時間をかけていられないという人にとっても、低価格かつ時短のかなう拭き取り化粧水は試してみる価値があるかもしれませんね。



【参考】

株式会社ナリスアップ コスメティックス

ふきとり革命プロジェクト

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ