プレスリリース敏感肌とストレス

敏感肌に新発見!ストレスが毛穴目立ちの原因になっていた!?

  • 更新日:2019/01/31

 肌悩みのひとつとしてよくあげられるのが毛穴の目立ちですよね。そんなエイジングにまつわるお肌の悩みに敏感肌サイエンスの知見から立ち向かってきたアヤナスが解明したのが、敏感肌特有の毛穴目立ちのメカニズム。今回は、そこから見えてきたストレスと肌の関係についてお伝えしたいと思います。


「ストレスが毛穴を目立たせていた」という事実

敏感肌は、なぜ毛穴が目立ちやすい?

画像1

 肌はストレスを受けることで皮膚温が下がり、バリア機能が低下してしまうため、敏感状態になります。今回アヤナスが新たに解明したのは、そんな敏感状態になった肌に起こる2つの「毛穴目立ちメカニズム」です。


 ひとつは「たるみ毛穴」。バリア機能低下によって発生する微弱炎症で、肌のコラーゲン破壊や糖化の加速などのエイジングが進み、肌弾力が失われて起こります。


 そしてもうひとつが「拡大毛穴」。敏感状態の肌は、皮脂中の不飽和脂肪酸が増加します。すると毛穴周りのターンオーバーが加速して未熟な角層細胞が毛穴周りに集積する「角層詰まり」が起こり、毛穴が拡大するのです。


 ストレスを受けて敏感になった肌は、ふたつの現象が融合される場合もあるため、毛穴を目立たせる要因が、健常肌と比べてはるかに多いのです。


画像2

商品特長1:ふたつの毛穴悩みにアプローチ

 アヤナスのクレンジングと洗顔料は、メーク汚れや皮脂の汚れを落とすだけでなく、「敏感肌特有の毛穴目立ち」を原因からケア。アヤナスのスキンケアに搭載したたるみ毛穴ケアと合わせることで、敏感肌の毛穴悩みに包括的にアプローチします。


 アヤナスのスキンケアはこれまでも、敏感肌特有のエイジングケアを包括的におこない、「たるみ毛穴」までアプローチできていました。しかし「拡大毛穴」に対しては、「角層詰まり」を解消しながら、毛穴周りのターンオーバーを整えるアプローチが必要です。そこで、敏感肌特有の毛穴目立ちを高いレベルで解決するために開発されたのが、アヤナスのクレンジングと洗顔料なのだとか。


「拡大毛穴」の根本原因を網羅的にケア

 「角層詰まり」をクリアにしながら、ターンオーバーを正常化。なめらかな肌へと整えます。


<センサークリーンアップ処方>

 毛穴周りに詰まった不要な角層細胞と、過剰な不飽和脂肪酸を選択してオフ。肌に必要なうるおいはしっかり残し、肌をいたわりながら「角層詰まり」をケアします。


<ターンオーバーの正常化>

 ゴボウの根から独自抽出したポーラR&M 研究所オリジナル成分「ゴポウエキス」が、乱れた毛穴周りのターンオーバ一を正常化。毛穴周りの角層を整え、健やかな肌へと導きます。


画像3

ストレスによる「たるみ毛穴」の原因ヘアプローチ

 ストレスで敏感に傾いた肌は、バリア機能の低下によってエイジングの加速をも招いてしまいます。このネガティブスパイラルを断ち切るアヤナススキンケアと同様の成分を、クレンジング・洗顔料にも配合しています。


画像4

商品特長2:敏感肌に配慮した洗顔設計

画像5

ふっくらと肌にうるおいが満ちる、至福の洗い上がり

 つっばり感や刺激を回避するだけでなく、うるおいを与え、洗顔するたびに乾きを感じないやわらかな肌に洗い上げます。


 敏感な肌をいたわりながら、敏感肌にとって大切な「肌当たりの心地よさ」にどこまでもこだわったテクスチャーと、洗い流しのスピード感を両立。



商品情報

■アヤナス クレンジングクリーム コンセントレート

<敏感肌用クレンジングクリーム>

100g ¥3,500(税抜)


画像6


■アヤナスクリームウォッシュコンセントレート

<敏感肌用洗顔フォーム>

100 g ¥3,000(税抜)


画像7

※無香料・無着色

※アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)



 敏感肌特有の毛穴目立ちのメカニズムが分かったところで、自分自身の肌を振り返ってみていかがでしょう?

 最近肌のたるみや毛穴の拡大を感じていませんか? エイジングの影響だと思ってお手入れをしている方も多いかもしれませんが、もしかしたらストレスが溜まっている可能性も考えられます。だとすると、お肌のケアだけでは根本的な解決は難しいですよね。そんな時は、お肌のケアはもちろん、ストレスを発散するなど内側からのケアが必要になってくるかもしれません。今振り返ってみて、日々ストレスを感じていると思った方は自身のことを見直す良い機会かもしれませんね。



【参考】

株式会社DECENCIA

https://www.decencia.co.jp/

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag