ビューティー

冬の乾燥肌対策!美容家が教える敏感肌の年代別スキンケアとは?

プレスリリース冬の敏感肌

 少しの刺激でピリピリしたり乾燥したり、敏感肌に悩まされている人は多いのではないでしょうか? かく言う筆者も敏感肌で、季節関係なく乾燥や赤みなどに悩まされています。

 そこで、今回は美容家が教える敏感肌のスキンケアに関するアドバイスをご紹介。これからの季節、乾燥などの肌トラブルを起こしやすいという人は必見です。


敏感肌が治りにくいのは正しいスキンケアがわかっていないから

画像1

肌の調子が良くない=肌が敏感な状態

 そもそも敏感肌とは、少しの刺激でもかゆみ、ピリピリ感などを感じやすい肌状態のこと。また、肌の赤みや、パーツごとの急激な乾燥なども敏感肌の特徴として挙げられます。

 原因として、ストレス、紫外線、乾燥、急激な温度変化など様々なことが言われており、敏感肌かどうかを個々で判断するのは難しいところですが、自分自身で「普段よりも調子が良くない」と感じる時は、肌が敏感な状態と言っても良いと思います。


どうして敏感肌はくり返すの?

 原因がはっきりせず正しいスキンケアが分からないためなかなか治りにくい、というのがひとつの理由として上げられているのだそう。

 かゆみが多少治まったかも?と判断して、また刺激を与えてしまうことで、敏感な状態に戻ることもあるようです。


肌トラブルの症状別に、肌に合った優しいスキンケアを意識して

画像2

くり返す敏感肌の対策は?

 まずかゆみや赤み、乾燥を感じたら、その時の肌に合った優しいスキンケアに変えることが大切です。ひりひりするような化粧品は避け、優しい使い心地でしっかりと保湿力があるアイテムを使って丁寧にケアしましょう。摩擦は刺激を与えるので、なるべくこすらず、手の平を温めながら包み込むように保湿してください。

 肌を清潔に保つため、使うタオルや枕カバーを綺麗にすること、たっぷり水分をとってよく眠ることも肌の回復力をぐんと高めると言われています。


季節の変わり目は、天気と一緒に肌の状態もチェック!

 季節の変わり目は、気温や湿度ががらっと変わることもあるので、その日の天気によって洋服を調整するように肌の状態もよく見てあげてください。いつものケアをした夜の翌朝に、肌が乾燥しているのを感じたら、化粧水や乳液の量を増やしてあげましょう。メイクや汚れを落とすクレンジングや洗顔はとっても大切です。省略せずに、優しい洗い上がりのアイテムへの見直しもオススメです。


肌トラブルを感じても、ケアの省略はNG!

 弱っているお肌は刺激を受けやすい状態。痛い、という感覚はつらく、スキンケアを続けるのがこわくなってしまいますよね。そんな時に安心して使える、ひりひりを感じない低刺激な化粧品でたっぷり保湿しましょう。

 角層まで潤いながら、肌本来の元気を取り戻すバリア機能に注目している商品を使うのがポイント。化粧水で肌がひたひたと潤いを感じるほど保水をし、ジェルやクリームなど自分の肌に合った保湿を重ねてください。肌トラブルを感じると、ケア自体を思いっきり省略してしまう方もいるようですが、洗う・保湿・紫外線対策を毎日することでお肌をゆっくり戻していきましょう。


敏感肌に悩む年代別(20代、30代、40代)にアドバイス!

画像3

20代

 肌の回復力が高い20代前半から、後半にかけて“あれ?”という日が徐々に出てくると思います。でも、これは裏を返せば大人のケアを見つけるチャンス。どんな時に肌荒れをするか、どんな日に無理を感じるかを少しずつ観察してあげてください。スキンケアを適当にしていた、興味がなかった、という方は徐々に取り入れるようにすると、今後の肌が変わります。


30代

 20代とずっと同じケアをしていて肌の調子が良い日が減ったと感じたら、ケアを見直すタイミングが来ています。自分にとって優秀な化粧品はどれか、いろいろ試してみてください。化粧水でたっぷり保水をし、ハリ感をアップするアイテムをプラスしてみるのも◎。輪郭周りを引き上げるように手を動かしながらケアするとリフトアップにもなります。30代は生活が大きく変わったり、仕事も過酷を極める方が多いと思いますが、体も肌も健康か、心地よいと感じているか、問いかけてみると良いかもしれません。出来る範囲でいいので、少しずつ自分のための時間を増やしてください。スキンケアも、そのうちの大切なひとつです。


40代

 肌が綺麗な40代の方は、みなさん揃って保湿の量を増やしています。化粧水はたっぷりと、油分は仕上がりの肌を見ながら少しずつ増やしてみてください。確実に潤いを感じられるアイテム選びをするよう意識する必要があります。くすみが気になったら透明感の上がるものや、目元が気になったらパーツケアなどのスペシャルコスメも取り入れつつ、紫外線ケアも丁寧にすれば肌は輝いていきます。



 いかがでしたか?

 秋から冬にかけては多くの人が乾燥などの肌トラブルに悩む時期。筆者も毎年乾燥気味なので、美容家のアドバイスをもとに保湿を徹底しようと思いました。皆さんも、自分の年代でおすすめの敏感肌対策を試してみて、心地よく冬を乗り越えてくださいね。



【参考】

全薬工業株式会社

http://www.zenyaku.co.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ