ビューティー

自宅で簡単!汚れたメイク道具のクリーニング方法

汚れたメイク道具

 メイクをする上で見落としがちなメイク道具の汚れ。「ブラシは使った後そのままポーチに入れる」「アイシャドウのチップはずっと同じものを使い続ける」なんてしていると驚くほど汚れが溜まってしまいます。

とはいえ「そもそも洗い方がわからない!」という方もいるのでは? そんな方たちのために、ブラシやパフなど普段から使うメイク道具の洗浄方法をご紹介します。


2割以上の女性が「ブラシやパフを洗浄していない」!

まず最初に、シャボン玉石けん株式会社が実施した「メイク道具”のクリーニング」に関するアンケート調査を見ていきます。


Q1)メイクブラシやパフの洗浄はどのタイミングで行っていますか?

メイク道具の洗浄タイミング

 一番回答が多かったのは、26%で「週に1回」。次いで多かったのが1位と対象的な「洗浄していない」となりました。ずぼらな筆者は半年に一回程度しか洗浄しないので、2ヶ月に1回以上ブラシやパフを洗浄する人が半数以上いることに驚きました……。

 


Q2)メイクブラシをこまめに洗浄していない理由は何ですか?(複数回答)

洗浄していない理由

 一番多くあげられたのは「面倒だから」という理由でしたが、中には「洗浄方法がわからないから」という声も。そもそも、毎週メイク道具を洗浄することの必要性を感じていない人も回答者全体の8分の1程度見られました。ほぼ毎日肌に触れるものであることを考えると、本当はこまめに洗浄するのが良いことはわかっていても、毎週となるとなかなか大変ですよね。


ブラシやメイクポーチのオススメ洗浄方法を紹介

 前述した「洗浄方法がわからない」という方のために、自宅で簡単にできる、メイク道具のオススメの洗浄方法をご紹介します。


■メイクブラシ・パフの洗浄方法

 パフなら使い捨てのものも多いですが、メイクブラシは頻繁に買い換えるわけにもいきませんよね。とはいえ、そのまま何もせずに放っておけば汚れは蓄積していく一方。画像を見る限り、かなり汚れが泡に移っていて驚きました。


メイクブラシ・パフの洗浄方法① メイクブラシ・パフの洗浄方法②

【洗浄方法】

1、メイクブラシ/パフを水で濡らす

2、泡石けんを適量手にとる

3、泡にブラシを当て、やさしく円を描くようになじませる

4、ある程度汚れが出たら軽くすすぐ

5、色が出なくなるまで2~4を繰り返す

6、水でよくすすぎ、ブラシの形を整えて日影に干す


【注意事項】

浸け置き洗いをしない・直射日光の当たる場所やドライヤーで乾かさない



■メイクポーチの洗浄方法

メイクポーチの中身って、ファンデーションの粉やその他のコスメの液体や油で案外汚れやすいですよね。外側からは見えないからといって油断は禁物。メイクはバッチリなのに、ふとした時に見えたメイクポーチの中身が汚なかったらがっかりされかねません。そうならないためにも、定期的なメイクポーチの洗浄が必要になってくるようです。


メイクポーチの洗浄方法① メイクポーチの洗浄方法②

【洗浄方法】

1、ポーチを水で濡らす

2、泡石けんをなじませ、汚れのある部分はやさしく揉み洗いし、すすぐ

3、ぬるま湯(40℃位)に酸素系漂白剤を溶かし、そこにメイクポーチを30分程度漬け置きする

4、水でよくすすぎ、絞ったあと干す


【注意事項】

酸素系漂白剤は、ステンレス以外の金属部分には使用することはできません。



 いかがでしたか? 筆者も面倒くさがりなのでメイク道具の洗浄はあまりしないのですが、よくよく考えたら毎日使うものですし汚れは蓄積していきますよね。それを気にせず肌に付けていたと考えると少しゾッとしました……。

 みなさんも、これから秋冬のコスメに切り替える前に、メイク道具の洗浄をしてさっぱりした気持ちで季節のメイクを楽しんではいかがでしょうか?



【参考】

シャボン玉石けん株式会社

https://www.shabon.com/



  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ