ビューティー

メイクのお悩み第1位!眉メイクに関するアンケート

プレスリリース眉メイク

 突然ですが、メイクの中で一番苦手なパーツはどこですか? 毎朝眉のメイクに手こずってるという方は案外多いのではないでしょうか? 筆者も左右対称ではなく毛も薄くてまばらなので、きれいな眉毛の女性を見ると羨ましく思います。

 今回は、株式会社ナリス化粧品が20~59歳女性を対象に実施した眉メイクに関するアンケートについてご紹介します。


眉毛の悩み・眉メイクの頻度は年齢が上がるにつれて減少する傾向に

 まず、最初に見たいのがどのくらいの女性が眉毛自体に悩みを持っているのかどうか。


画像1

 眉毛に対して、全体で6割を超える女性が悩みを持っていることが分かります。特に20歳~30歳半ばの若年層に多く、その割合は7割超えという結果に。そして、年齢を重ねるにつれて、眉毛に悩みを持つ人が減少する傾向にあることがうかがえます。


 次に、そんな苦手意識の高い眉毛に対して、女性は日ごろからメイクを施しているのかを見てみましょう。


画像2

 20代~30代では「日常的に行っている」「時々行っている」の眉メイクをする派が8割を超えています。しかし、先程見た眉毛への悩み同様こちらも年齢を重ねるにつれて6割程度に減少していくことがわかります。


苦手意識1位は眉メイク

<いちばん苦手なメーキャップ>

画像3

 苦手なメイクの1位は40~44歳を除き、ほぼすべての年代で眉メイクという結果に。2位のアイラインを、眉メイクが10ポイント上回っている年代も多く見られました。どうやら20~30代の若い世代ほど苦手意識が高い傾向にあるようです。



 ここまで眉毛への悩みや苦手なメイクについて見てきましたが、眉メイクへの苦手意識はどうやら全年齢共通のようですね。


「大人っぽい眉にするにはどうすればいいか」

「自分の眉メイクは流行に乗り遅れているのでは?」

「職場の人にもっと気に入られるような眉メイクがしたい」


 このようなお悩みをかかえているようであれば、以下の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?



▼イマドキ女子の引き算美人メイク

https://joshicale.info/beauty/column/43064


 女性らしくガーリーな雰囲気に仕上げた眉メイクもステキですが、イマドキ女子は大人の雰囲気漂うクールな眉毛が主流。たまにはいつもと違う、美人メイクにチャレンジしてみては?



▼上司ウケ抜群!就活生も必見!オフィスで愛され眉メイク

https://joshicale.info/beauty/column/41273


 若い頃は周りの目を意識する必要がなくても、年齢が上がるにつれてシチュエーションに応じたメイクが必要になってきますよね。職場でのメイクが良い例です。派手なメイクや、逆に薄すぎるメイクはNG。この眉メイクは就職活動でも使えるので、早い段階から職場で気に入られるメイクを身に着けておいてはいかがでしょうか?



 いかがでしたか?

 太眉ブームや細眉ブームなどその時流行のメイクを語る上で、たしかに眉毛は欠かせない存在。苦手意識の強い女性は多いようですが、トレンドが色濃く出るパーツなので、時代遅れのメイクにならないようにキレイに整えられたら理想ですよね。



【参考】

株式会社ナリス化粧品

http://www.naris.co.jp

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ