ビューティー

「美しい髪になる・保つ」ために知っておきたい生活習慣

美髪

白髪や薄毛、髪のパサつきなど、加齢とともに髪のトラブルは増加しがちです。


でも、「もう歳だから仕方ないのかな」と諦める必要はありません。毎日の生活習慣を見直すだけで、「美しい髪になる・美しい髪をキープする」ことは可能なのです。


今回は、美容皮膚科医である高橋栄里さんの著書、『女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法―髪のお医者さんが教える』(PHP研究所)を参考にしながら、美しい髪になる生活習慣をご紹介していきます。


【美しい髪になる生活習慣1】 まずはスカルプケア

スカルプケア

近年、ドラッグストアでも、スカルプケア用のシャンプーを数多く見かけるようになってきました。


高橋栄里さんは、自分でできるケア方法として、第一にスカルプケアを取り入れることを推奨しています。頭皮がべたつく場合には、オイリーヘア用のスカルプケアシャンプーを使用するなど、自分の頭皮に適したシャンプーを選びましょう。


【美しい髪になる生活習慣2】 たばことお酒は控える

たばことお酒

たばこは、肌にも髪にもいい影響を及ぼさない、ということはみなさんご存知でしょう。高橋栄里さんは、たばこの悪影響は大きいと考え、「髪の健康を考えるなら、1日も早い禁煙が必須」だと主張しています。また、お酒の飲み過ぎも髪に悪影響があると指摘しています。


たばことお酒の髪への悪影響

たばこ

・ニコチンが毛細血管の血流を鈍らせ、髪の毛に栄養がゆきわたらない

・肌の生成や髪の成長に必要なビタミンCを大量に消費する

・頭皮や毛髪の老化を招く活性酸素を作り出す


お酒

・髪の毛の主成分・ケラチンをつくるためのアミノ酸がお酒の分解に奪われる

・飲みすぎると血行不良になり、髪に栄養分が行かなくなる

・ビタミンB2不足になり、皮脂を過剰に分泌させてしまう(P.113)


厚生労働省の出している飲酒ガイドランでは、「女性は飲酒量を控えること」「1日350mlの缶ビール一本以下を目安」を推奨しています。これは、「一般に女性は男性に比べてアルコール分解速度が遅い」ことが科学的に明らかになっているためです。(※1)


髪と健康のことを考えると、喫煙とお酒の飲み過ぎは控えた方がよいと言えるでしょう。



【美しい髪になる生活習慣3】三大栄養素をバランスよく摂取+髪の成長に欠かせない栄養素

三大栄養素

三大栄養素をバランスよく摂取することは必須

髪のための食べ物、というと、ワカメや昆布などを想像する人が多いのではないでしょうか? ですが、前回の記事で述べたように、医学的には、ワカメや昆布を食べたからといって、髪が増えたり黒くなったり、ということはありません。


では、美しく健康な髪を維持するためには、何を食べればいいのでしょうか?


高橋栄里さんは、「髪にいい食べ物」という考え方そのものをまずは見直す必要があると指摘しています。


そもそも摂取した栄養素というものは、体にとって重要性の高いものから優先的に使われていくものです。筋肉や臓器をつくったり、体温を上げたり、脳を働かせたり、生命維持に欠かせない働きをするところへ、まず供給されていくのです。それに比べて、髪はどうでしょうか。筋肉や内臓にくらべると優先順位は低いと言わざるをえません。「髪に良い」とされている食材をがんばって食べたところで、その栄養がダイレクトに髪に行くわけではないのです。(略)大事なのは、すべての栄養を、バランスよく摂ることです。タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素を摂取する。その上で、髪の成長に欠かせない栄養素を補給していく。それが何より、髪に良い食べ方なのです。(P.114-115)


髪の成長に欠かせない栄養素・3つのミネラルとビタミン

上記を読んで、「なんだ、髪が綺麗になる万能の食べ物ってないのか」とがっかりされた方もいるかもしれません。たしかに、「髪を綺麗にするために、これさえ食べておけば大丈夫」という食材はありません。ただし、「髪の成長に欠かせない栄養素」を積極的に摂取することで、美しい髪の生成の助けることは可能です。


髪の主成分はケラチン(18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質の総称)ですから、ケラチンの再合成に欠かせない、ミネラルとビタミンを摂取することで、美しい髪へと近づける可能性は高まるのです。


★美しい髪をつくる3つのミネラルとビタミン★(P.116-119参照)

ミネラルの中で、毛の成長に特に重要なのは、次の3つです。

1亜鉛(生ガキ、豚レバー、パルメザンチーズなど)

2鉄分(豚レバー、あさり、納豆、ひじきなど)

3マンガン(しょうが、しそ、日本茶など)


毛髪の成長に関わりが深いのは次の3つのビタミンです。

1ビタミンB群(牛肉、鶏肉、魚、卵など)

2ビタミンC(柑橘類、緑黄色野菜など)

3ビタミンA(うなぎ、鶏レバー、にんじん、かぼちゃなど)


どんなに良い食べ物でも、栄養が偏ってしまったら美しい髪からは遠ざかってしまいます。まずはバランスのよい食事を心がけましょう。


さいごに

笑顔の女性

今生えている髪は過去につくられたものですから、今生えている髪を太くしたりツヤツヤにしたりすることは基本的にはできません。


ですが、未来に生え変わってくる髪は、あなたの食生活や生活習慣によって変えることができます。美しい髪をつくるために、現在の生活習慣を見直すところから始めてみましょう。


※1 厚生労働省 飲酒のガイドライン



参考



▼40歳までに知りたい美容コラム

女性の見た目年齢を左右する「髪」。都市伝説に惑わされないで!


日焼けだけじゃない!意外と知らない「肌の老化を進める5つの原因」


女性にも加齢臭はある! 加齢臭を予防するための5つの対策


基礎代謝を上げて「太りにくく、疲れにくい体」を作る方法


年齢が出る「手」を今から労わる!ハンドケアでアンチエイジング



  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ