ビューティー

20~30代が悩む目元の青いクマ。それ、スマホが原因かも!?

プレスリリーススマホグマ

 今や、幼い頃からインターネットやパソコン・スマホ等に慣れ親しんで育つ時代ですよね。そんな中で、スマホを四六時中手放せない人が出てきています。 「スマホラバーズ」化は、そんなデジタルネイティブ世代の美容にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

 今回は、カネボウ化粧品が20~40代女性を対象に実施した「アイゾーンの悩み」に関する調査をご紹介します。


約半数の女性が青みのあるクマに悩まされていた!?

 まずはじめに、悩まされがちな「アイゾーンの悩み」について世代別に見ていきましょう。


画像1

 アイゾーンのお悩みで、一番多く見られたのが「目の下のクマ」。顕著なのがデジタルネイティブ世代です。デジタルネイティブ世代と非デジタルネイティブ世代では、10ポイント近く差が見られました。



「クマ」の中には、色や質感で、いろいろな種類のクマがあるといわれています。

 次はそのクマの種類について見てみましょう。


画像2

「最近特に目の下のクマが気になりはじめた」と回答した人のうち、そのクマが「青みを感じるクマ」であるという人はデジタルネイティブ世代で48%見られ、ここ最近になって悩む人が半数いることがわかります。


画像3

 続いて「青みを感じるクマ」の原因で思い当たる事象を聞いたところ、1位は「睡眠不足」(82%)、2位は「体の疲れ」(74%)、3位は「長時間のスマホ画面の見過ぎ」(62%)となりました。


 さらに「長時間のスマホ」が原因の一つに挙げられたことから「スマホの使用時間」と「青みを感じるクマ」の悩みについて関係性を見たところ、「スマホの使用時間」が長いほど「青みを感じるクマ」の悩みを感じる人が多いという結果に。


 この調査でわかったのは、デジタルネイティブ世代に「クマ悩み」が多いこと、さらにその特徴が「青みを感じるクマ」であること。さらに、その思い当たる原因の一つとして「長時間のスマホ画面の見過ぎ」が挙げられたことから、カネボウ化粧品は「デジタルネイティブ世代のクマ悩み」に「スマホ」が関係あるのではないかという視点に至ったのだそう。



「目の下のクマ」、その種類と原因の違いは?

「目の下のクマ」は、おおよそ「青グマ」「茶グマ」「黒グマ」の3つに分類されます。


■青グマ……眼精疲労や体全体の冷えなどに由来する目の周りの血行不良で引き起こされます。目の周りの皮膚は厚さは0.5mmくらいとかなり薄め。目の周りは栄養や酸素を送る血管が豊富にあるので、血流が滞ると青く見えてしまいやすくなるのだとか。


■茶グマ……色素沈着が原因。お化粧を落とす時にこすりすぎてメラニン色素が沈着してしまったり、アトピー性皮膚炎で掻いてしまったりして、そのまま沈着になってしまうという患者さんもいるそうです。


■黒グマ……年齢が上の人に多いとされています。年齢を経て目の周りの筋肉が衰えると、目の下の膨らみにある脂肪が飛び出て来て、眼の下にひずみが出来て、陰影になる。それが「黒グマ」の原因なんだとか。実際に皮膚が黒くなっているわけではないため、たるみの引き締めが必要です。



生活習慣の乱れやスマホの見過ぎには要注意!

 さて、問題の「青グマ」ですが、年齢層で見ると20~30代の方が多いのだそう。色白で、もともと貧血を起こしがちな人。皮膚がもともと薄い方も、「青グマ」が目立ちやすいと言われています。


 カネボウによると、特にブルーライトを浴びている若い女性に、「青グマ」が多いのだとか。これは、最近スマホ、パソコン、LEDなど、ブルーライトが使用されている物が多いことが原因。ピントの調節からくる眼精疲労やドライアイなどで、目の周りの筋肉が凝り固まって血行が悪くなり「青グマ」になりやすい傾向にあるのだそう。


 また、ブルーライトは太陽光に含まれる光の一種のため、夜にスマホをいじると体が昼間だと勘違いしてしまうことがあるとされています。結果、睡眠時間のバランスが取れなくなってしまいます。スマホを1時間いじったら15分休むのが理想。あるいは、ブルーライトカットメガネなど、ブルーライト対策のグッズを使った方が良いです。



 いかがでしたか?

 わたしもデジタルネイティブ世代なので、スマホから手を離せないことも多いです。スマホばかり見ていてはダメだと思いつつ、ついつい電車の中では暇を持て余して見てしまいますよね。

 今回の調査で、スマホの見過ぎとクマの関係性についてわかったので、スマホから離れる時間を作りたいなと思いました。みなさんも、スマホの見過ぎにはご注意ください!



【参考】

株式会社カネボウ化粧品

https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ