ビューティー

女性の見た目年齢を左右する「髪」。都市伝説に惑わされないで!

美髪

豊かでツヤのある髪は、女性をより魅力的に魅せる効果があります。


「髪は女性の命」という言葉は最近聞かなくなりましたが、「綺麗な髪になりたい・美髪を保ちたい」という女性は多いでしょう。10代〜30代前半の女性にとって、髪の関心ごとといえば、「どんなヘアスタイル(ヘアカット・ヘアカラー・ヘアアレンジ)にするか」がメインでしょう。ですが、年齢を伴って、別の課題が出てくることも少なくないようです。


その課題とは、「薄毛や白髪、髪のツヤをどうするか」です。


かつて、薄毛を気に病むのは男性だけで、女性はハゲにくい、と思われていました。ですが近年、女性の薄毛は珍しくなくなっているようです。白髪に関しては、若いときから悩まされている女性もいて、「抜いた方がいいのか、切った方がいいのか」など悩みはつきません。


髪に関しては、「白髪は抜いたら増える」「ワカメを食べると髪が黒くなる」など、不確かな都市伝説とも言える情報が多数存在しているため、どれを信じたらいいのか混乱している方も多いでしょう。


今回は、美しい髪を保つために本当に必要なことは何か、髪にまつわる数々の都市伝説は本当か、について髪の専門家の著書を参考にしながら解説していきたいと思います。


「女性の薄毛」の原因は女性ホルモンの減少? 40代以降の髪の変化を食い止めよう

中年女性の髪

まずは、「女性の薄毛」の原因について確認しておきましょう。


徳島大学医学部教授である武田克之さんは、著書『発毛・育毛に本当に効く新常識』(青春出版社)のなかで、下記のように述べています。


女性ホルモンに守られて、女性はハゲになりにくいといわれてきたが、近年どうもそうともいえない状況で、女性のハゲ(薄毛)は増加傾向にある。それはおもに「びまん性脱毛」と呼ばれる薄毛で、白人女性の場合、50歳以上の約半分の人がなるといわれている。その進行パターンは、男性の場合とは異なり、頭頂部を中心に薄くなっていくのが特徴。その原因も発生メカニズムもよく分かっておらず、50歳以上に多くみられることから、老化、女性ホルモンの減少、頭皮の血流障害などが関与しているらしい。(P.97-98)


また、美容皮膚科医の高橋栄里さんは、著書『女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法―髪のお医者さんが教える』(PHP研究所)のなかで、「女性ホルモンの減少によってホルモンバランスが崩れることで起こる薄毛もある」と指摘しています。


卵胞ホルモン「エストロゲン」の分泌は、40代から減少し始めます。そして(個人差はありますが)50歳前後で閉経となります。閉経を挟んだ前5年と後ろ5年を合わせた10年が更年期です。更年期に起こるエストロゲンの急激な減少と、それによって起こるホルモンバランスの乱れが、毛周期にも影響を及ぼし、髪が成長しきらないまま退行期に入る、という現象が発生しやすくなります。(略)髪のツヤやコシがなくなり、パサつきが目立つ、といった変化も、この時期によく見られます。(P.35)


薄毛やパサつきなどの原因が、老化や女性ホルモンの減少、血流障害にあるのだとしたら、髪の変化を食い止めるためには、「老化を促進するような生活習慣を改善すること」「血行を促進すること」などが大切になってくるでしょう。


美しい髪を作るために、もっとも必要なのは、生活習慣の改善

早起きする女性

育毛相談カウンセラーの山田佳弘さんも、著書『美髪はよみがえる 毛の1本1本を元気にする習慣とケア法』の中で、生活習慣改善の重要さを指摘しています。


生活習慣を変えることは育毛の基礎体力を付けるためのものなので、基礎が整うと応用も効くのです。育毛剤などの効果に頼るケアは、基礎体力がないのにいきなり応用に取り組もうとするようなものですから、なかなかうまくいきません。基礎体力のない素人が、いきなり激しい運動をすると大けがをしてしまうことなどと同じなのです。(P.146)


山田佳弘さんは、「生活習慣を変えることより、もっと手軽に簡単にできる方法があるはず、と思ったら挫折する可能性が高い」と、美しい髪を即席で作る万能薬はないのだということを繰り返し主張しています。


その情報は本当に正しい? 髪にまつわる都市伝説

白髪の女性

ここでは、具体的にどういった生活習慣改善が必要なのかを知る前に、「髪にまつわる間違った情報」を確認しておきましょう。(『女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法―髪のお医者さんが教える』P.56-59参照)


■髪にまつわる都市伝説1:白髪は抜くと増える?

×です。

白髪は、毛母メラノサイトの不活性によって起こるため、抜くことで増えることはありません。ただし、抜いたところで、またその毛穴から白髪が増えてきますから、抜いても根本的な解決策にはなりません。それどころか毛根にダメージを与えてしまう恐れがあります。ですから、白髪がちらほら出てきた場合は、抜かずに根元近くで切るのが良いでしょう。


■髪にまつわる都市伝説2:ワカメや昆布を食べると髪が生える・黒くなる?

×です。

海藻類は亜鉛や鉄分などのミネラルが豊富に含まれているので、悪いものではありません。ですが、ワカメや昆布を食べると髪が生えたり黒くなったりするという医学的な根拠はありません。


■髪にまつわる都市伝説3:ストレスで一夜にして白髪になることがある?

×です。

マリーアントワネットが国外逃亡を図って失敗したとき、一夜にして髪が真っ白になったという都市伝説がありますが、これもありえない話です。一度生えて伸びた後の髪の色は変わりません。


さいごに

美髪

美しい髪を保つには、医学的根拠のない都市伝説に惑わされることなく、生活習慣をコツコツと改善していく必要があります。


次回は、美しい髪を保つための、具体的な生活習慣をご紹介していきます。



参考




▼40歳までに知りたい美容コラム

日焼けだけじゃない!意外と知らない「肌の老化を進める5つの原因」


女性にも加齢臭はある! 加齢臭を予防するための5つの対策


基礎代謝を上げて「太りにくく、疲れにくい体」を作る方法


年齢が出る「手」を今から労わる!ハンドケアでアンチエイジング



  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ