ビューティー

夏の結婚式、ノースリーブはOK?参列者の服装マナーとは?

プレスリリース親子ハグ

 夏に行われる友人の結婚式。フォーマルな場なので、服装のマナーはしっかりしたいところですが、暑いものは暑いですよね……。結婚する側は、正直なところ参列者の服装についてどう思っていてどこまでが許容範囲なのでしょうか?

 今回は、夏の結婚式の服装についての意識調査をご紹介します。


4割以上がセミフォーマルを推奨!

 株式会社オーネット運営の「楽天ウェディング」が行った「夏の結婚式における参列者の服装に関する実態調査」を元に見ていきます。


 以下、全国の25歳~49歳の男女596名に「自身が夏に結婚式を挙げるとしたら」を前提に、参列者に望む服装についてのヒアリング結果です。


画像1 画像2

 最も多かった意見は「気候や自身の体調を考慮しつつ、セミフォーマルが望ましい」で、全体では42.3%を占めています。次いで多かったのが、「あまり気にせず、気候や自身の体調を考慮して各自好きな服装で参列してほしい」で30.6%。「季節に関わらずフォーマルであるべき」と回答したのは26.8%で最も少ない結果となりました。


 年代別で見ると、セミフォーマルを支持しているのは40代が最も多いという結果に。40代女性では半数近くの人がセミフォーマルを推奨しており、フォーマルを希望するのは12%に留まりました。


 従来の結婚式では、マナーとして肌の露出を避け正装が望ましいとされていますが、この結果を見てみると気候や体調を考慮して柔軟に対応しても許容範囲と言うことができそうです。



女性のノースリーブは半数以上が許容

 では、次に具体的な服装についてはどのように考えられているのでしょうか。


画像3 画像4

 性別で見てみると、女性の服装について全体で最も許容されたのはノースリーブ。女性全世代では7割弱、男女全体でも約6割の人が夏の結婚式での参列にノースリーブは「アリ」と考えていることが分かりました。


 靴については、女性の46.8%がオープントゥパンプス(つま先が開いたパンプス)を許容。特に顕著だったのが40代女性で、8割近くの人がオープントゥパンプスを「許容できる」と回答しています。


 男性の服装については、セットアップスーツとジャケット&パンツの組み合わせが共に半数の支持を得る結果となりました。また、ノーネクタイに関しても44.2%の人が許容できると回答しており、多くの人がセミフォーマルの範囲で少しでも涼を取ることを支持していることが伺えます。


 性年代別に見ると、男性よりも女性の方が、若い世代よりも世代が上の人たちの方が、カジュアルな服装に対する許容範囲が広いという結果が出ています。



 いかがでしたか?

 参列者側からすると頭を悩ませがちな夏の結婚式の服装ですが、結婚する側からするとそこまでフォーマルでなくても気にならない人が多数だと分かりましたね。無理せず気候や体調に柔軟に対応した服装を着ることは、結婚する側からしても安心なのかもしれないですね。



【参考】

株式会社オーネット

http://onet.rakuten.co.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ