ビューティー

プロ直伝!ヘアメイクにトレンドを取り入れるコツ

プレスリリーストレンド

 皆さんは、シーズンごとにヘアメイクを変えるタイプですか? ある程度気に入ったメイクに落ち着いたら、ずっとそれを続けるという方も多いハズ(筆者はこのタイプです)。そんな筆者でも、トレンドを探るのは大好き。

 今回は、資生堂ビューティークリエイションセンターが2018年4月下旬に、銀座、渋谷、原宿で20~30代の女性合計300人を対象に実施した、メイクアップとヘアスタイルに関する街頭調査を元に、東京の女性たちのメイクとヘアのドレンドをご紹介します。


2018年春夏のメイクトレンド

アイシャドウ

 ピンク、オレンジなど暖色系アイシャドウが増加中 図1

 ブラウンは年中根強い人気を誇りますが、この時期になってピンク、オレンジなどの暖色系アイシャドウが増加傾向を見せているようです。塗り方は、まぶた全体にふんわりなじませるような、透明感のある仕上がりが人気。


アイライン

 アイラインはマスト、でもナチュラル重視! 図2

 アイラインは、ほぼ全員が引いている、と言えるほど不可欠な存在に。多くの人が、まつ毛の根元を埋めるように、細く、ナチュラルに描いていました。ただし、細かい部分を見ると、より自然に見せるために目尻だけに入れたり、目頭側を強調して目の横幅を長く見せたり、丸みを持たせて跳ね上げキャットラインを描くなど、自分らしい工夫を加えるなど様々な手法が見られました。


リップ

 リップはローズ系が人気。トーンや質感でバリエーション豊かに 図3

 今季のアンケート結果でも口紅は、「メイクに欠かせないアイテム」となっており、リップメイクはおしゃれな女性のマストアイテムと言えそうです。色は、2017年秋冬に続いてローズ系が人気の模様。ただし、同じローズ系でもトーンや質感は多種多様で、ビビッドやディープな色、ツヤやマットな質感など、さまざまでした。


 今季のメイクアップ全般に見られる傾向は「多様性」。

 みんなと同じであることより、「自分らしさ」「自分に似合う」を追求し、メイクを楽しんでいるのが特徴です。この傾向が、口紅のバリエーションにも顕著に反映されていました。


2018年春夏のヘアトレンド

図4

ヘアスタイル

「前髪あり」が増加! ニュアンス重視のスタイルに注目

 2018年春夏、ヘアスタイルで特徴的だったのは「前髪あり」の比率が増加している点。前シーズンの調査では42%だったのに対し、今季は70%と大幅に増加しているようです。ただし、ひとくくりに前髪と言っても、ニュアンスは多種多様。アイロンで毛先をカールさせる、軽く流す、または分けているなど、東京の女性たちは個々にスタイルを楽しんでいることが分かりますね。

 レングスは、ロングが継続して人気。パーマやアイロンでしっかり作りこんでいる人がいる一方、自然なクセのようなうねりを感じさせるナチュラルなニュアンスのスタイルの人も増加の傾向にあるようです。


ヘアカラー

 暖色系カラーでポジティブなイメージに変身

 2017年秋冬の調査で、グレージュなどの寒色系が多かったヘアカラーですが、今季は、オレンジなどの暖色系が目立つようです。暖色系カラーには、「前向き」「軽快」「ポジティブ」といったイメージがあり、「自分らしく自由に楽しみたい」という今季の気分にマッチしています。同じ暖色系でも落ち着いた色や明るい色などトーンはさまざまで、ここでも、トレンドをおさえながらも自分らしさを追求している人が増えていることが窺えます。


ヘアメイクアップアーティストが解説!トレンドを取り入れるには?

暖色系アイシャドウのメイクテクニック


1.ピンク、オレンジなどの暖色系のアイシャドウをなじませるようにのせ、透明感のある目もとに


2.シアー感のあるピンクのアイシャドウをブラシにとり、アイホール全体にソフトにぼかします。


3.アイラインはブラウン系がおすすめ。まつ毛の根元を埋めるように目頭から目尻まで細く入れ、目尻を少し伸ばして切れ長のラインを描きます。


4.アイラッシュカーラーでまつ毛をきちんと上げたら、マスカラを根元からしっかり塗ります。


このように、まつ毛をしっかり仕上げる場合は、アイシャドウかアイラインを軽く仕上げるなど「抜け」のバランスをとることがマスト。

フルにアイテムを使いながらも、あくまでナチュラルな抜け感をつくるのが今季らしい仕上りのポイントです。


地グセのようなニュアンスヘアの作り方

今おすすめの長さは、肩にかかるかかからないかのミディアムレングス。前髪をつくると、より今季らしくなります。もしパーマをかけるなら、あえてかかっていないようなくせづけ程度の仕上りに。またヘアアイロンでのスタイリングでも、いかにも巻いたという感じは出さず、もともとの地グセのようなスタイリングに挑戦してみましょう。


1.手ぐしで軽く整える


2.オイル系のスタイリング剤を手のひら全体に軽くなじませる


3.スタイリング剤を髪にもみこむようにしながら、自然なツヤとクセのような毛流れを意識してアレンジ


特にメイクをしっかりした日は、作りこみすぎないナチュラルなヘアにすると、肩の力が抜けたリラックス感のある大人のムードが演出できるでしょう。


図5

 いかがでしたか?

 いつも代わり映えしないヘアメイクをしているという方も、これを機にトレンドを取り入れてみてはいかがでしょうか?



【参考】

株式会社資生堂

http://www.shiseidogroup.jp/

資生堂ビューティークリエイションセンター

http://hma.shiseidogroup.jp/?rt_pr=trb49

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ