ビューティー

むくみよさらば!鍋にいれたいおすすめ食材 ※栄養士監修

むくみを解消する鍋食材

朝、鏡を見てむくんだ顔にびっくり、「なぜ?」と思った経験はありませんか?顔がむくんでいるということは、全身もむくんでいるのです。


これからの季節に食べる機会が多くなる鍋料理。むくみ予防の食材をいれて、美味しく食べて予防しましょう。そこで今日は鍋料理にいれたい、むくみ予防の食材と気をつけたい生活習慣をご紹介します。


なぜ、むくみがおきるの?

外食の回数が多いとむくみを感じるということはありませんか?

むくみの原因と言われているのが塩分(ナトリウム)。外食は味付けが濃いので、塩分(ナトリウム)を摂取しすぎてしまいます。体の水分が調整できず、水分をため込んでしまいむくみが起きます。その余分な水分を体の外にだすのが、カリウム。カリウムを摂取することで、体の水分のバランスを整えてくれます。


鍋にいれたいむくみ予防の食材

鍋

カリウムがむくみの予防に良いという話をしましたが、どんな食材に含まれているのでしょうか。海藻、大豆と野菜はイモ類、葉物野菜に分けて、具体的な食品をお教えしましょう。


1 海藻類

むくみ予防の食材

わかめ

こんぶ

とろろ昆布


海藻類はカリウムが豊富に含まれています。海藻類に含まれるアルギン酸はカリウムを増やし、ナトリウムを減らす働きがあるうれしい食材です。乾燥わかめを水で戻し、鍋にサッといれて食べる、とろろ昆布を鍋の上にトッピングすると食べやすいですね。


2 大豆製品

むくみ予防の食材

水煮大豆

生ゆば

豆腐


大豆製品にもカリウムは含まれています。生のゆばは、鍋にいれて温めるくらいで食べられますし、大豆の水煮や豆腐はスーパーなどで入手しやすい食品です。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンも豊富。大豆製品からは良質のたんぱく質も摂取でき、むくみの予防にもなるうれしい食材です。


3 イモ類

むくみ防止の鍋食材

里芋やじゃがいもは、イモ類の中でもカロリーも低いグループ。イモ類もカリウムが豊富です。

里芋ややまいものヌメリ成分は、たんぱく質の消化を助けてくれます。

スープが染み込んだ美味しいイモ類でむくみを退治しましょう。


4 葉物

むくみ予防の食材

小松菜

ほうれん草

春菊


小松菜、ほうれん草、春菊は野菜の中でもカリウムが多くお鍋に欠かせない定番の葉物野菜。野菜は火を通すとカリウムが減ってしまいます。クタクタになるまで鍋にいれたままにするのはやめましょう。歯ごたえがあるくらいで食べてくださいね。たくさん食べて、むくみを撃退してください。


むくみ予防効果をさらにアップさせるための生活習慣のポイント

むくみ予防効果

1 鍋のスープは飲まない

鍋料理の味の決め手はスープです。美味しいものは肉、魚、野菜と一緒に、毎回取り皿にたっぷり入れて飲みたくなりますよね。でもスープにはむくみの大敵の塩分(ナトリウム)が含まれています。具材だけ食べていれば問題ありませんが、スープをその都度、飲むとむくみの原因に。翌日の予防のためにも、飲まないようにしましょう。


2 適度な運動をする

運動とむくみは関係あるの?と思っていませんか?実は深い関係があるのです。

上でお話ししたようにむくみは、細胞内に余分な水分が溜まった状態です。筋肉の量が減ってしまうと、水分を循環させる力が弱くなり、むくみの原因を作ります。

そこで、運動を増やしましょう。駅で階段を使う、一駅前で降りてあるく、または遠回りして通勤、通学するなど、日常生活に上手くとりいれてくださいね。


3 足のむくみはお風呂でマッサージ

夕方になると足がむくんでくるのを感じる方が多いのではないでしょうか。座っている時間が長かったり、立っている時間が長かったりすると、靴がきつくなるのを感じますよね。そのままにしておくと、むくみを翌日に持ち越すことになるかもしれません。

夜はシャワーだけで済ませず、ゆっくりとお風呂に入りましょう。体を温めることで循環がよくなります。そのときに一緒にふくらはぎもマッサージしてくださいね。疲れもむくみもお風呂でスッキリさせましょう。


いかがでしたか?

これからの季節、お家でも外食でも食べる機会が多くなるお鍋料理。むくみ予防効果のある食材を選んで、生活習慣に気をつけることでむくみ知らずになるはずです。



七訂食品分析表 女子栄養大学学長 香川明夫監修


食べ物栄養辞典 聖徳大学教授 医学博士 中島洋子 医学博士・健康科学大学教授、DHC研究顧問

相模大学教授 阿部芳子



▼栄養士監修のダイエット関連記事▼

忙しい女子のための「コンビニダイエット」※栄養士監修

「食べないダイエットは太る!」その理由とは? ※栄養士監修:太らない食べ方7つ

ダイエット中におやつを食べたほうがいい理由※栄養士監修

ご飯を食べても大丈夫!ストレスの少ない『プチ糖質制限ダイエット』※栄養士監修

  • 岡野ユミ(栄養士、美肌マイスター、アンチエイジングアドバイザー)

    「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広くダイエットを指導。溢れるダイエット情報を精査して、正確で信頼できるものを発信。体の中から美しくなる情報もお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ