ビューティー

めちゃくちゃ痛くてクセになる!?ブラジリアンワックス体験記

トイアンナがブラジリアンワックスを体験

こんにちは、トイアンナです。VIO脱毛がジワジワとブームになってますね。世間では前面だけ残してあとはツルツルにするスタイルが人気のようですが、完全に脱毛してツルツルになる「ハイジニーナ」も徐々に増えています。何を隠そう、私はこのハイジニーナ派。というのも、陰毛に美の要素を感じられないから。


もし私が美容に全精力を注ぎこめる女性だったら、毎月陰毛にストレートパーマをかけてから「次の陰毛カラーは春トレンドに合わせて青みがかったピンクで」なんてやっていたかもしれない。けれどそこまでしたところで陰毛がオシャレになる未来が見えない。だったらいっそ抜いてしまえ、というのが私の考えです。


痛いのが怖いなら、ブラジリアンワックスでしょ?

とはいえ、ですよ。医療レーザー脱毛は痛いって噂じゃないですか。VIOを経験した友人が周りに何人かいるんですが「タオルを咥えて痛みをこらえた」など江戸時代の出産かよ!? と思わせるフレーズが出てくるわ出てくるわ。


「レーザーは怖い、でも剃るのは面倒」アンビバレントな気持ちに答える手段として、ブラジリアンワックスがあります。そこまで痛くはないらしいけど、剃るより生えるサイクルも長い。それって最高じゃん!?


というわけで、2010年代前半。わたくしはブラジアリアンワックスの門を叩きました。ラグジュアリーな雰囲気と保健室のような清潔感。なんだか私、ワクワクしてきたぞ。いそいそと脱いで足をカパっと開きます。


悲鳴がハーモニーを奏でる脱毛ブース

ブラジリアンワックスとは、簡単にいえばロウを溶かして毛に貼り付け、ベリっと剥がす脱毛法です。中学生のころ、いたずらでガムテープを貼って脱毛する男子とかいませんでしたか? あれのゴージャス版。つまり痛みは「ガムテープでベリッ」とあんまり変わらない。最初はポーカーフェイスを貫いていましたが、普通に考えて局部にガムテープをベリッてしたら痛くない?


そのうち「ウッ」と勝手に声が漏れるように。施術者のお姉さんは慣れたようすで、悲鳴にお構いなくベリッ、ベリッと作業を続けながら話しかけてきます。


お姉さん「ブラジリアンワックス初めてですか?(ベリッ)」

私   「そうですね、初めてです。ウッ。こちらにお勤めされて長いんですか?…ウッ

お姉さん「20歳で働き始めて今22歳なんで(ベリッ)、今年で3年目ですね~(ベリッ)」


年下の女性に股間の毛を抜かせている私とは……。虚しい思いにかられたいけれど、痛くてあんまり考えられない。途中、つい両手を組んで「何でこんな目に……」とつぶやいたところさすがに笑われました。だって、痛いよ。


痛くても、クセになる爽快感!

私が行ったサロンはブースが簡単に分かれており、隣からも会話が聞こえました。隣のお姉さんはどうやら保育士さんのよう。「そうなんですよ~ウッ。子どもの面倒をウッ、見てるとかわいくてっ、ウッ


ああ、同じ苦しみを分かち合う友よ。身も知らない女性へ勝手にシンパシーを抱き、約30分で終了。ここまで痛みを感じてきたのに、いざツルツルの股間に触れると感動が大きい。剃ってると毛でチクチクするのに、それがない本当のツルツルがここに……!!


ちゃんとしたサロンなら痛みを防ぐ処置をしてくれます。また、痛みの感じやすさには個人差があるので私の例は痛がりな方かも。「ブラジリアンワックスだと全然大丈夫」という人も周りにいました。ただし生理中は施術できないほか、毛がしっかり生えていないとワックスに絡められないので「生えている時期」はどうしても発生します。


永久脱毛を考えるなら医療レーザー脱毛や光脱毛でカウンセリングを受けた方が長期的に楽かもしれません。しかし痛いのは怖い、でも一度究極のツルツルを体験してみたい……という方にはブラジリアンワックス、おすすめです。痛みを超えた感動が、そこにはありました。



著者・トイアンナさんの人気コラム

朝起きたら、息ができなくなっていた。うつから社会復帰を果たすまで
2017年版・初めてでも安心!婦人科の選び方
今すぐできるPMSとの付き合い方
人を傷つける性格、自己愛性パーソナリティ障害から立ち直るまで
外反母趾でも諦めたくない!経験者が教えるハイヒールの楽しみ方
10年ピルを飲んで手に入れた「妊娠する権利」
  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ