ビューティー

誰でも理想のふくらはぎになる!?ストレッチエクササイズ♡

ビューティーヨガニストの森和世です。


今年もカラータイツをポイントにセンスアップ!なんて記事を読む機会が増えてきました。

しかし、むくみでパンパン、メリハリがない。もしくは、筋肉でカッチカッチになっているなど、ふくらはぎの悩みを抱えている人は多いかもしれません。


そこで今回は、筋肉が気になる人向けにストレッチで脚裏全体の血流を良くして、筋肉をほぐす動作。さらにエクササイズで引き締め効果やむくみを解消する動作を組み合わせた、誰でも理想的なふくらはぎになる動きをご紹介します。


ふくらはぎをシュッとさせるストレッチエクササイズ

このストレッチエクササイズは、ふくらはぎを効果的に伸ばし、ふくらはぎが担っている“ミルキングアクション”機能がきちんと働くようにします。

下半身は重力の関係や運動不足などで、むくみや冷えが生じやすい部位です。これらを解消するには、ふくらはぎ=「第二の心臓」が重力に逆らい血液を心臓に送り返す働き=ミルキングアクションをしますが、運動不足や冷え等による血行不良になると、機能せず老廃物が溜りメリハリのないぽってりした脚になってしまいます。


ふくらはぎをシュッとさせるには、このふくらはぎをほぐすコトがポイントです。筋肉がつきすぎたり、疲れで硬くなっていると血流が悪くなり、冷えを生じることで脂肪もついてしまいます。

特に筋肉がついている人は、硬い筋肉の上に脂肪がつくので、立派なふくらはぎになりかねません。

ですから、筋肉がつきすぎてカッチカッチふくらはぎの人は、ストレッチを習慣にして血流を良くして、ふくらはぎをほぐすことが効果的です。


一方でむくみや足首がない、ふくらはぎがポチャっとしている人は、熱を産出する、重力に逆らい血流を上に戻す筋力低下が原因でメリハリのないふくらはぎになっています。

思い当たる人は、ふくらはぎの筋力を刺激するエクササイズもプラスしてみて下さい。


1.手のひら、膝を床につけて四つん這いの姿勢になります。

2. 右足を大きく1歩前に出したら、つま先を天井方向に向け、両指先を床につけます。(この時、膝が伸びない人は無理に伸ばさなくてOKです。)


3.(カッチカッチの人)

ゆっくりと息を吐きながら、上体を倒します。そのままゆっくり30秒キープ。

(むくみ、ふくらはぎを綺麗に引き締める人)

ゆっくりと息を吐きながら、上体を倒します。そのままつま先を床につける、天井方向に向ける動作を15回を目安に繰り返しましょう。ゆっくりと息を吸いながら、上体を起こし反対側も同様に動作しましょう。


▼著者:森和世さんの人気コラム▼

ココロもカラダも元気になるヨガ♡マリーチーサナ
冷えは美容の大敵!デコルテをスッキリ&小顔効果も抜群のヨガポーズ
出会いは第一印象から!スタイル美人になるストレッチ♡
気持ちいいから試してみて!朝からシャキシャキ動けるストレッチ
足のむくみを解消!ストレッチエクササイズ
バストアップエクササイズで今年は上向きに!
  • 森 和世(ビューティーヨガニスト)

    ダイエット=減量という考え方ではなく、理想のボディをデザインする「エクササイズ」いう考え方に基づき、美しく痩せるエクササイズを多数考案。現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ