ビューティー

老化が早まる!?間違いだらけのスキンケアとは?

女性肌

美肌を保つために欠かせないのが毎日の「スキンケア」。

今のスキンケア習慣が10年後の肌をつくるといわれているように、間違ったスキンケアが原因で老化を早めている可能性があります。

「自己流でなんとなくやっている」という方や「高級な基礎化粧品を使っているのに美肌にならない」という方も、一度自分のスキンケア法を見直してみるのもいいかもしれません。


スキンケアの中もとくに重要なクレンジング

スキンケア

クレンジングの重要な役割とは

高品質の化粧水や美容液などを使ったとしても、クレンジングや洗顔が不十分な肌では効果は得られません。美肌への近道は「正しいクレンジング」からといわれるように、クレンジングは、スキンケアのなかでもとくに重要なのです。


落としきれなかった汚れが残ったままの肌は、皮膚の新陳代謝を下げてしまい、シミやシワなど肌の老化を早めてしまうリスクがあります。加齢だけではなく、毛穴に詰まった汚れが「肌のたるみ」につながる原因にもなるそうです。さまざまなスキンケアを試してきたけど、肌の状態が改善されていかないという方は、もしかすると、クレンジングに問題があるかもしれません。


肌を痛めないクレンジング剤とは?

クレンジングの種類はおもに、オイル・ミルク・ジェルタイプのものがあります。分泌される皮脂やファンデーションなどのメイクの汚れもほとんどは「油」。「油は油でしか落ちない」といわれていることから、オイルタイプのクレンジングがおすすめです。洗浄力が高いので乾燥肌になりやすいというデメリットがありますが、アボカドオイルなどの天然由来成分を使ったものだと、洗浄力が高いうえに肌にも優しいので敏感肌の方でも安心して使えます。


反対に、ミルクやジェルタイプのものは、刺激が少なく肌に優しいけれど、洗浄力があまりないので、長い時間かけてなじませ、クレンジングをしなくてはなりません。クレンジングに時間をかけてしまうと、そのぶん肌を痛めたり、乾燥もしやすくなったりすることもあるので注意が必要です。高い洗浄力の必要がないナチュラルメイクのクレンジングにはいいかもしれないですね。


アイメイクや口紅を落とす時に便利なのが「ポイントオフ」。特に目の周りや唇などは敏感な箇所です。頬の皮膚の厚さが「ダンボール」だとすれば、目の周りは「ティッシュ」ほどの薄さ。皮膚が薄い箇所は、ダメージを受けやすく、目元や唇は、一度しわになるとなかなか元に戻すことはできないそうです。そのため、ポイントオフでさらに丁寧なクレンジングが必要となります。


正しいクレンジング・洗顔の方法とは

ついついやりがちなNGクレンジング法として、「摩擦による刺激」が挙げられます。摩擦による刺激は、肌表面に小さな傷を作ったり、色素沈着によるシミを作ったりします。指先に力を入れてクレンジングをするのではなく、優しくなでるように落としていきましょう。また、毛穴は斜め45度に向いているので、下から上に向けてクレンジングをすると、汚れが毛穴に詰まってしまうので、必ず上から下に滑らせるようにクレンジング剤をなじませます。


クレンジング後の洗顔もとても重要です。洗顔の洗い残しが原因で、顔周りにニキビが発生してしまうこともあります。理想のすすぎ回数は30回程度といわれていますが、みなさんは何回すすぎをしていますか?!最初の10回は全体的にばしゃばしゃと水をかけ、残り20回は凹凸のある個所などを重点的にすすぎます。すすぎの際は、手が肌に触れないくらいの感覚で優しくすすぎましょう。


効果的な基礎化粧品の使い方とは

スキンケア

洗顔後の素肌に「化粧水→美容液→乳液→クリーム」の順でスキンケアを行うのが基本ですが、全部必要なの?と疑問に思う方もいると思います。基礎化粧品にはそれぞれ果たす役割が異なるので、美肌を目指すのであれば、すべて必要な基礎化粧品といえるでしょう。


コットンはマスト!お肌の保湿成分を補う化粧水

肌老化の原因でもある乾燥対策のため、化粧水は1ヶ月に1本使い切るくらいのペースが適量とされています。高い化粧水をケチケチ使うくらいなら、安い化粧水をジャブジャブ使った方が美容の効果が高いかもしれません。クレンジングとは反対方向の下から上に向かって、化粧水を浸透させるのがポイントです!


化粧水をつけるときには、多くの人が「コットン派」か「手で直接つける派」の2つに分かれますが、どちらかというとコットンを使用するのがいいようです。もちろん手を使う方法は、肌にも優しく、手の温度で化粧水が浸透しやすいなどのメリットがありますが、顔には凹凸があるので、基本的には手のひらだけで伸ばしていくことが難しいもの。多くの基礎化粧品メーカーは「肌にまんべんなく化粧水をなじませることができる」という理由から、コットンを推奨しています。


そこで重要になってくるのが、コットン選びです。コットンは肌に直接触れるものなので、使われている素材には注意したいところ。市販されている多くのコットンの原料は石油なので、とくに敏感肌の人は、アレルギー反応が起きにくいような自然素材のものがいいでしょう。表面がガサガサとしているコットンは、摩擦が強い上に、毛羽立つものがおおく顔に使用するのは不向きです。どちらかというとネイル落とし専用としては使いやすいコットンかもしれません。


美肌になるための必須アイテム!美容液・乳液・クリーム

「化粧水で十分潤ったから大丈夫」とクレンジングと化粧水だけでスキンケアを完結させるのは大間違い。また、基礎化粧品の要素が1本に集約されたオールインワンジェルだけで終了させていませんか?化粧水潤った肌を保たせるためには、「美容液・乳液・クリーム」を使ったスキンケアが重要になってきます。


化粧水で補充した水分を保ちながら、美白やアンチエイジング、リフトアップなど肌にとってプラスの効果が凝縮しているお肌の栄養剤が「美容液」です。保湿をしてくれているのが美容液なら、「乳液」や「クリーム」は必要ないのでは?と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、乳液は油分が主な成分のため、化粧水や美容液の効果を油で閉じ込めるという作用があります。乳液までしっかり肌に入れ込まないと、肌はたちまち乾燥していくので注意です。


クリームは、乳液より油分が多いというだけで基本的に役割は同じです。乾燥肌の方は、乳液とクリーム両方使うのがおすすめ。「顔全体がべたべたするから苦手」という声も多いようですが、そんなときは、乾燥しやすい目元や口元だけ使うというのもいいでしょう。冬はもちろん、夏も紫外線やエアコンの影響で乾燥肌になりやすい環境に1年中囲まれているので、保湿までスキンケアをしっかり行いましょう。


さらに余裕があれば、そのときの肌の状態で基礎化粧品を変えてみるのも効果的です。夏は紫外線が強いので「美白ライン」を足してみたり、冬は乾燥するので「クリーム」を足してみたりと組み合わせを変えていくのも一つの方法。肌バリアが弱くなる生理前や生理中に合わせて、低刺激なものも用意していけば、より安心ですね。


毎日のスキンケアは、10年後、20年後の肌をつくる大事な習慣です。これを機に、まずは自分の肌の状態を知り、そこから自分にあった基礎化粧品を選び、正しいスキンケアを意識していきましょう!




▼美容に関する他のコラム▼

ボロボロ女子は『油』不足…良質な『油』でキラキラ女子に大変身!
「食べないダイエットは太る!」その理由とは?
年齢は首でバレる!?キレイな首をキープするポーズ
ダブルの大豆で女性にうれしい!豆乳わらび餅♡
二の腕やばい!と思ったら、すぐトライ!二の腕引き締めエクサ


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ