ビューティー

冷えた女はブスになる?! 後編

びはだ びよう 冷えた女はブスになる?! 前編

あなたは自分のお肌に自身がありますか?「美しい肌になりたい!」そう願わない女子はきっといないはず。知っていると知らないとでは10年後の肌が違ってくる!美しい肌を手に入れるための知識と知恵を身につけて、美肌女子を目指しましょう。

 

~冷えた女はブスになる?!~ 後編

頭痛・肩こりがひどくなる、すぐ風邪をひくようになる、ホルモンバランスが崩れ生理不順になる、代謝が悪くなりアレルギーや肌荒れがひどくなる、夜寝つけず睡眠不足になる・・・などなど、

 

冷えが続くと不調が起こり、お肌にも良くない事ばかりの悪循環。
前編では、冷えはオンナの敵!というお話をしてきました。

 

その、こわ~い「冷え」の原因と対策を簡単にまとめると
◎ 「食生活」・・・陰性の食物を控え、体を温める食事を。
◎ 「運動」・・・適度な運動やストレッチを。
◎ 「衣服」・・・締めつけすぎず、ゆったりしたデザインを。
◎「暖房」・・・本来の体温調節のため、エアコンに頼りすぎない。
ということでした。

 

冷えの正体は「血行不良」。
要するにこれって「めぐり」の良い体を作りましょう、ということですね。

 

例えば、皆さんの住居を想像してみてください。
風通しが良く、水回りもピカピカのすっきり片付いた、深呼吸したくなるような住み心地の良い空間。いい運気や素敵な出来事が舞い込んできそうです。
一方、ゴミがいっぱい、洗い物がたまった台所、水回りにつまりがあるような住まいでは、美しくどころか・・・なんだか病気になってしまいそうです。

 

「冷え性の体」≒「病気になりそうな風通しの悪い滞ったお部屋」
例え話ではありますが、とても通じるものがあると思うのです。

 

★「めぐり」の良い体づくりのために

滞りなくめぐりの良いカラダをつくるために。今回は「食」をテーマにしてみたいと思います。

 

私はモデルとして撮影のお仕事をすることもありますが、この時期、早朝から一日中青空の下ロケに挑む事もしばしば。そして、寒くなってくると季節先取りで衣装は薄くなるという法則があります(泣)。そこで持ち歩くのは、水筒!中身は『はちみつ生姜紅茶』です。おかげで極寒のロケでも、唇真っ青、体の芯からガタガタと震えるなんてことがなくなりました!『生姜』の体を温めるパワーってすごいです。

 

お風呂上がりでも手足や腰がすぐ冷たくなってしまうくらい「冷え性」だった私が、今では冬でもポカポカ、夜も良く眠れるようになったのは、きっと年中色々な方法で食べている『生姜』や体を温めてくれる食材たちの力が大きいと感じています。

 

東洋医学では、食べ物から得るエネルギーで体を温めて、体質を変えていくことを「食養生」といいます。

 

食べ物には身体を暖める「陽性」、身体を冷やす「陰性」、そのどちらでもない「中性」の食べ物があり、さらに、血液をサラサラにするものとドロドロにするものがあり・・・『冷え性』が気になる場合は特に身体を暖める陽性で血液をサラサラにする食べ物を取るべきですよね。

 

覚えておきたい代表的なものは、

【体を温める「陽性」】

生姜・ねぎ・にんにく。ごぼう・こんにゃく・人参は血液サラサラに。
(特徴)寒い地方で採れる、冬に採れる食べ物に多い。肉・卵類は体を温めるが血液をドロドロにするものが多いので注意。

 

【体を冷やす「陰性」】

トロピカルフルーツ・大豆・豆乳・コーヒー・白いご飯・うどん・合成甘味料・砂糖・スナック菓子・チョコレート
(特徴)暖かい地方で採れるものや、夏に採れる野菜など。特に加工品、嗜好品は血液をドロドロにするものが多いので注意。

 

旬の食材には、その時期に体が欲しがっている栄養が多い!と言いますが、まさにその通りですよね。

 

とはいっても、現代人の私たちがパッと口にできるのは体を冷やす食べ物ばかりでなかなか大変。時にはチョコレートだってお菓子だって食べたいし・・・というわけで、私の場合はとにかく「体を温めるものをたくさん食べるように♪」と、それだけ常に心がけて気楽に続けています。

 

栄養たっぷりの血液は、最高の美容液。体が冷えて手足が冷たい・・・なんていう状態は、体のすみずみまで血(=栄養)が行き渡ってない証拠。毎日の食事やサプリメントなど、せっかく摂っているキレイの源も、体が冷えていたらもったいない!体ぽかぽか血液サラサラになって、しっかり体中に巡らせて、ツヤツヤの美しいお肌を手に入れたいですね♪

 

■■コレで美肌偏差値UP!■■

・ 美肌への一歩は、「めぐり」の良い体づくりから!
・ 体を温める「陽性」の食材をたくさん摂りましょう。

 

※ オススメ!『冷凍生姜キューブ』※

年中よく食べている生姜ですが、チューブもいいけど、やっぱりすり下ろしたものを毎回使いたい!でも、毎回は面倒・・・というわけで、ズボラな私がよく使うのが冷凍生姜キューブ。

作り方は簡単!生姜を買ってきたら一気にすり下ろし、冷凍庫で使う製氷機で生姜をブロック状にして冷凍しています。保存袋などに入れておけば、お料理や飲み物などにポンッと入れるだけ。手軽に使えてオススメなので、是非試してみてくださいね♪

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ