ビューティー

ブツブツはもういや! 開いてしまった毛穴対策


 子供のころは毛穴なんて全く目立たなかったのに、年齢を重ねるにつれてブツブツが気になるようになった。でも、いくらお手入れをしてもなかなか消えてくれない! このような悲痛な叫び声が、あちこちから聞こえてきそうです。毛穴は、1度開いてしまうとなかなか閉じてはくれません。でも、毎日こまめにお手入れすることで確実にキレイになっていくので頑張りましょう。


こまめな保湿が大切

■毛穴が開いてしまう原因とは?

 毛穴が開く主な原因は、乾燥、肌のたるみ、過剰な皮脂の分泌です。うるおいが足りずに肌が乾燥すると、支えを失って肌がたるみます。そして、その開いたまま戻らなくなった毛穴に皮脂や汚れが詰まり、黒いブツブツとなるのです。

■こまめなうるおい補給で乾燥を防ごう

 朝・晩の洗顔のあとは、3分以内に化粧水や乳液をつけるようにしましょう。それ以上時間がたってしまうと、肌の水分がどんどん蒸発します。
そして、日中は持ち歩き用の化粧水でこまめにうるおい補給を。ただ、化粧水は蒸発するときに肌表面の水分まで奪ってしまうので、一緒に乳液やクリームなどを使い、ふたをしてあげることが大切です。面倒ならクリームタイプの化粧水も市販されているので、そういったものを使うと良いでしょう。

■こんなお手入れはNG!

 毛穴ケアに関する情報の中には、余計に悪化させてしまうものも混ざっているので気を付けてください。
例えば、一時期大流行した毛穴パック。水で濡らした鼻にシート状のパックを貼り、しばらく時間をおいてはがすとごっそり角栓がとれているというもので「汚れがとれたのが目に見える!」と大人気となりました。しかし、アフターケアを怠ると角栓のとれた部分の毛穴が開きっぱなしになり、結局すぐに汚れや皮脂が詰まってしまうというトラブルが頻発。また、はがすときに肌に負担がかかってヒリヒリするという声も多く聞かれました。
毛穴パックはあまりおすすめしませんが、どうしても使いたい場合は次のことを守って使ってください。

① 毛穴パックを使うまえに蒸しタオルでじゅうぶんに毛穴を開き、洗顔料で鼻の油分を洗い流しておく。
② 毛穴パックは必ず指定の時間どおりにそっとはがし、軽く洗い流したらすぐに冷水や氷で毛穴を引き締める。その後、保湿効果のある化粧水や乳液を使って乾燥を防ぐ。
※毛穴パックの使用は、月1回程度にしておきましょう。

 毛穴の開きを改善するためには、こまめな保湿が欠かせません。地面が乾燥してひび割れているところを想像していただくと分かりやすいのですが、肌が乾燥すると余計な隙間ができて汚れや皮脂が詰まりやすくなってしまうからです。保湿ケアは、習慣にしてしまえばそれほど面倒ではありません。こまめなうるおい補給で、毛穴レスの美肌を目指しましょう!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ