ビューティー

セクシーでかわいい! 背中のあいた服をキレイに着こなす方法


 背中が大胆にあいている服ってかわいいですよね。でも、ムダ毛やニキビが気になって、着てみたいけど躊躇してしまうという人も多いのではないでしょうか? 今回は、どんなに注目されても恥ずかしくない背中をつくる方法を紹介します。

背中美人を目指して

■背中ニキビの改善法

 背中は、意外と皮脂腺の多い場所です。ですから、汗をかいたまま放置したり、汚れたふとんで寝ていたりすると、細菌が繁殖して背中ニキビができやすくなるのです。
デオドラント・シートを持ち歩いて汗をふいたり、寝具をこまめに洗うようにしたりして清潔を保ちましょう。
また、ニキビをやっつけようとして背中をゴシゴシ洗うのは逆効果です。人間の体は、無理に皮脂を取り去ると、その分を補おうと余計に皮脂を分泌しようとするからです。お風呂で洗うときは、手でなでるようにそっと洗いましょう。
さらに、石けんの洗い残しも背中ニキビの原因になります。ヌルつきがなくなるまで、きちんと洗い流してください。

■背中のムダ毛の処理方法

 自分では見えない背中は、できればエステやクリニックで脱毛してもらうのが一番です。しかし、通う時間がなかったり、費用の面で難しかったりする場合は、肌を傷つけないように気をつけながら自宅で処理をしてみましょう。
こんなときに便利なのが、背中までらくらく届く「ロングシェーバー」です。防滴加工のものならお風呂場でも使えるし、孫の手のように持つと刃が自然と背中側を向くので、簡単にお手入れできます。

■背中のぜい肉の落とし方

 背中のぜい肉は見えないので、ときどき指でお肉をつまんでチェックしましょう。簡単につかめてしまったら、かなりまずい状態です。
ついてしまったぜい肉を落とすには、ストレッチが有効。一番やりやすい「上体そらし」を紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。

<上体そらしのやり方>

 うつぶせの状態で寝ころび、後ろで腕を組んでググッと上半身を後ろへそらします。限界までいったら3秒キープし、息を吐きながらゆっくりと下ろします。これを30回×3セットほど行いましょう。
※かなり腰に負担がかかるので、痛みを感じたら即中断してください。また、ヘルニアなどの腰の持病がある場合は、このエクササイズはおすすめしません。


腰の痛い方でもできるエクササイズはこちらです。

<タオルを使ったエクササイズ>

 両腕をまっすぐに伸ばした状態でタオルを持ちます。息を吐きながら頭の上→後ろまでゆっくりと倒し、再度息を吐きながら元の位置へ戻します。これを10回繰り返しましょう。

 自分では見えないからこそ気を付けたい背中のケア。男性を対象にしたアンケートでも「せっかくキレイに化粧してかわいい服を着ているのに、背中がニキビやムダ毛だらけでは幻滅」という声が多く聞かれます。すてきな恋のチャンスをつかむためにも、背中美人を目指しましょう!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ