ビューティー

【第三回】zero式美容『行動編』


【第二回】めんどくさがり美容オタクのzero式美容!? 食事編~後編

こんにちは☆綺麗なおばあちゃん目指して頑張っている自称“美容オタク“松藤あつこです。
今回は意識している美容行動、行っている美容法をご紹介させて頂こうと思います。


1. 寝る前5分のプチ努力

なるべく夜は寝る前にストレッチしています、といっても5分くらい…。小さい頃バレエや器械体操をやっていて、その頃に努力して柔らかくした体。
毎日少しのストレッチタイムでキープするようにしています。
股関節を柔らかくすれば、脚のむくみは解消されていくはず!
それから、重要視しているのはヨコのケア。
わき腹からわきの下をのばすように、ほぐすようにストレッチするとココが意外と疲れている事がわかるんですよ。
スペシャルケアには広尾や麻布十番にあるインシーでマグマヨガ(溶岩浴のスタジオ内でヨガやダンス、ボクササイズ等様々なプログラムがあります)。普通のヨガの何倍も汗をかき、達成感があり、そして何と言っても体がよくのびるのでオススメです!


2. 意識だけで効果絶大の姿勢矯正!

歩くときには腰から足の前の付け根にかけての筋を意識しています。
姿勢を矯正するときに背中ばかりに気がいってしまいがちですが、むしろ背中からつけ根を意識して歩くと自然と姿勢もよくなり、運動量も上がってむくみにも効いている気がします。
そして、必ず腹筋には力を入れて歩くようにします。わざわざ腹筋するのはちょっと苦手なんですが、歩くときに腹筋を意識するだけでおなかのたるみ化は防いでいけますよ!
姿勢よく歩くと視界も広がるし、自然と笑顔になれる気がします。
でも、努力しても体にずれは生じてしまうもの。。ちりつもを防ぐため、一ヶ月に一度は鍼灸院か整体でメンテナンス!
白金のルミエールプラチナムや渋谷鍼灸院を崇拝しています★


3. メイクは横顔も意識して!

鏡ってついつい正面から見てメイクしますよね。
でも私は必ずヨコ顔の仕上がりを気にしています。
・眉毛の長さを口角から小鼻を延長させたラインまで整える事
・シェーディング(茶色いパウダーであごのラインに影をつけること)を自然に入れる事


この2点を気にしてメイクするだけでかなりの小顔効果アリです。
私は顔が大きいのがコンプレックスなのでココは入念です(笑)
小顔努力と言えば…洗顔をするときに弊社のzeroスノーウィーソープをカッサのように使用し顔全体、首筋をマッサージしています。
洗顔時にマッサージするのを癖にすれば一石二鳥です★


最近ヒットな美顔器に出会ったのでご紹介しますね!
エレクトロポーション、LED(赤、青)、EMS、高周波という高機能を備えながら超軽量、コンパクトな「クリオネ」です。
結構いいお値段ですが、エステに通うと思えば安い物。
手軽に長期間使えるこのコはコスパ共に優秀な美顔器☆オススメです!


月1のスペシャルメンテナンスは全然予約が取れない麻布十番の小顔の神様こと神田花絵さんのダナリーボーテにお世話になっています。
花絵さんの素晴らしい人格に触れる度、女子力もアップするんです!


4. 髪の毛は見た目年齢を左右します!

美しさには髪の毛の必須ですよね!髪の毛で見た目年齢も左右します。
顔のメイクよりも髪の仕上がりのほうが実はずっと大切だと思うのです。
顔はメイクで隠せるものも、髪の毛は隠せません。
実は、食事編でご紹介した遺伝子検査で私は薄毛リスクが高い遺伝子である事もわかりました。
ショックでしたが、知って以来抜け毛防止や頭皮マッサージへの努力には拍車がかかりました。
でも特別に何かするというのは正直めんどくさくて嫌…(^0^;)
シャンプーしながらヘッドマッサージ、頭皮ケア!
私が馬プラセンタシャンプー屋さんをやっているのも「だから」なんです。zero+PLessenceを発売にいたって以来1年半強シャンプータイムの頭皮マッサージも努力して、小さい頃から悩みのタネだった生え際の薄いところに、髪の毛がたくさん生えてきたんですよ!
限られた時間やお金をかけるならば絶対メイクグッズよりヘアケア商品だと思います!
ご褒美時にはヘッドスパにも行きたいですね★
本物思考のアウトバストリートメントも発売予定ですのでまたご紹介させて下さい。


生活習慣に美容行動癖を付けるだけで姿勢がよくなり、代謝もあがり、見た目年齢も若くなって女子力UPまちがいなし!
と、私は思っています!よかったらご参考になさってくださいませ。


【第四回】zero式美容『香りのトータルバランス』
  • 松藤 あつこ(美容家・化粧品メーカー社長)

    幼少期からタレント活動を始めグラビアアイドルとして活動後、25歳で化粧品メーカー株式会社クロス・エ・キューブを起業。自身が商品企画開発を行った『ZERO』がヒット、各紙で取り上げられ注目を集めている。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ