ビューティー

冷えた女はブスになる?! 前編

びはだ びよう


あなたは自分のお肌に自身がありますか?「美しい肌になりたい!」そう願わない女子はきっといないはず。知っていると知らないとでは10年後の肌が違ってくる!美しい肌を手に入れるための知識と知恵を身につけて、美肌女子を目指しましょう。


~冷えた女はブスになる?!~ 前編

手足が冷えてなかなか寝付けない、なんてことはありませんか?
「私、生まれつき冷え性なんです・・・」なんて宣言していませんか?


ここで、あなたの美肌偏差値をチェックしてみましょう。


<美肌偏差値CHECK!>

「YES!」と思うものにチェックを入れてください。


□ ボディラインが出る服が好き!冬でも薄着、生足!

□ 寒い!と思ったら、服を着るよりエアコンに頼る。

□ 冷え性ってなんだ女の子っぽくて、イメージがいいと思う。

□ 私、低血圧です。

□ しかも貧血気味で・・・

□ 運動不足だと思う。

□ お菓子やファストフードをよく食べる。

□ お風呂上がりでもすぐに体が冷える。

□ 手足が冷えてなかなか寝付けない。

□ 体を温める食材を3つ以上思いつかない。


10の質問のうちいくつ「YES!」がありましたか?

「NO!」の項目を増やせるように、あなたの美肌偏差値を上げてきましょう!



「冷え症」ではなく「冷え性」です?!

本格的に寒い季節がやってきましたね。
これだけ寒ければ手足が冷える、体が冷える・・・というのは当然の事。ただ、お風呂上がりでもお布団の中でも気がつくとすぐに手足や腰が冷た〜い!なんて事態はちょっと考えものです。

これは「冷え性」であって「冷え症」ではありません!
「〜症」とは病気を意味するそうですが、西洋医学では冷え性を病気として扱っていません。冷えを治す薬なんて存在しないのです。



「冷え」の正体=血行不良。

Colmn1で、栄養たっぷりの血液こそが体内の最高の美容液!というお話をしました。

口から入った食べ物は、体内で分解され栄養素となり、血液に入って全身に運ばれます。栄養素は毛細血管からお肌の真皮層へも届けられるため、血液の流れが良いと栄養が肌に十分にいきわたり、美肌を生み出す元となります。また、巡りがよいと皮膚が衰える原因となる老廃物をお肌にとどめずきちんと流してくれるのです。


「冷え」の正体は、血行不良。巡りが悪い状態になり、毛細血管まで暖かいかい血液が行きわたらなくなった状態です。それにより、冷える以外にたくさんの不調が出てきます。

頭痛・肩こりがひどくなる、すぐ風邪をひくようになる、ホルモンバランスが崩れ生理不順になる、代謝がわるくなりアレルギーや肌荒れがひどくなる、夜寝つけず睡眠不足になる・・・などなど。

不調が起こり、お肌にも悪い事ばかり。冷えはオンナの敵!なわけですね。
では、何が原因で冷えが起こるのか考えてみましょう。



<冷えの原因と対策>

◎ 食生活・・・体を温める食事を!
食物については~後編~で詳しく触れますが、冷え症には大敵な食べ物があります。これは嗜好品と呼ばれる食べる物ばかりで、ほとんどが加工食品です。例えばファストフードやチョコレートなどのお菓子類。「陰性」の食べ物と言われ身体を冷やす効果があるだけでなく、血液をドロドロにし循環を悪くさせる効果もあるので要注意。


◎ 運動・・・適度な運動やストレッチを!
運動不足だと、筋力が低下し免疫力が弱り、自律神経がうまく働かず毛細血管を収縮させる原因となります。身体の代謝も低下させ、血液の循環を悪くさせます。


◎ 衣服・・・ゆったりしたデザインを!
ボディラインがぴったりした服やタイトな服を着るとそれだけ、身体に圧迫をかけ毛細血管へ血液を運ぶ妨げになります。ゆるい服を着た場合ときつい服を着た場合とでは、体温の上昇の仕方が違うという事が実験データとしても立証されているそうです。


◎暖房・・・エアコンに頼りすぎない
人間の身体は、季節に応じて体内温度を調節する機能が備わっています。しかしエアコンなど冷暖房に頼りすぎていると、皮膚から脳に「冷たい」や「寒い」といった情報をうまく伝えられなくなり、いざという時に身体を暖める血液を送りこむ指令を出す自立神経がうまく機能出来なくなってしまいます。



いかがでしょうか?思い当たる節は、ありませんか?
ただ、すべての頭に「なるべく」という枕詞をつけてあげてください。続けられないと意味がありませんし、ストレスになっては逆効果ですので。楽しんでやれる程度でOKですので、出来ることから少しずつ取り入れてみてくださいね!


■■コレで美肌偏差値UP!■■

・ 血液=体内の最高の美容液
・ 冷えの正体は血行不良



※オススメ!ECOなペットボトル湯たんぽ※

私が冬になると、毎晩かかさず作るもの・・・それは湯たんぽ!です。

しかも簡単手作り、2Lペットボトルに60℃くらいのお湯を入れたもの。じんわり暖かくてかなり気持ちがいいのです。お布団の中に入れるとけっこう長時間持ちます。毎晩これを抱きかかえて寝てます。笑

人間は寒くて体が冷えてくると、生きて行く為に一番に守りたい部分=内蔵に血液を集めて温めるので、内蔵を集中的に温めてあげると、他の部分に血液が行きわたりやすくなるんだとか。そして手足があたたかくなった頃にはゆっくりぐっすりと眠り誘われるはず・・・質のよい睡眠も美肌に不可欠!


後編につづく

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ